兵庫県議選 立憲民主党 弘川欣絵候補必勝・激励集会(尼崎市) 2019.4.6

記事公開日:2019.4.6取材地: 動画

 兵庫県議選尼崎選挙区に立憲民主党から立候補している弁護士・弘川欣絵候補が、2019年4月6日(土)19時半より阪急園田駅前(尼崎市)で支援者とともに最後の訴えを行った。


神戸市議選(垂水区)無所属 高橋秀典候補 個人演説会 2019.4.3

記事公開日:2019.4.4取材地: 動画

 2019年4月3日(水)19時より兵庫県神戸市の垂水勤労市民センターにて、神戸市議選(垂水区)無所属 高橋秀典候補 個人演説会が行われた。


神戸市議選(垂水区)無所属 高橋秀典候補 街頭演説 2019.4.3

記事公開日:2019.4.3取材地: 動画

 2019年4月3日(水)16時より兵庫県神戸市の垂水商店街にて、神戸市議選無所属 高橋秀典候補 街頭演説が行われた。


立憲民主党兵庫 #ひょうご大作戦 春の陣 ひょうご街宣!(阪急宝塚駅前)―弁士 蓮舫副代表、安田真理氏ほか 2019.3.30

記事公開日:2019.3.30取材地: 動画

 2019年3月30日(土)13時半より、兵庫県宝塚市の阪急宝塚駅前ゆめ広場で立憲民主党・蓮舫副代表を迎えて立憲民主党兵庫県連合による街頭演説「#ひょうご大作戦 春の陣 ひょうご街宣!」が開かれた。蓮舫氏のほか、すでに告示されている兵庫県議選の中山祐輔候補(宝塚市選挙区)、夏の参議院議員選挙への立候補を予定している安田真理氏など地元立憲民主党予定候補者らがスピーチした。


立憲民主党 次期参議院議員選挙 安田真理・兵庫県選挙区立候補予定者、枝野幸男代表 記者会見 2019.3.17

記事公開日:2019.3.17取材地: 動画

 立憲民主党は、2019年夏の参議院議員選挙で兵庫選挙区に新人のフリーアナウンサー・安田真理氏を擁立することを決め、2019年3月17日(日)15時より神戸市内のホテルで安田氏が枝野幸男党代表、櫻井周兵庫県連代表とともに出馬表明記者会見を行った。


弘川よしえと立憲民主党尼崎キックオフ集会〜第2部「女性からみて、今なぜ立憲民主党なのか」 2019.3.9

記事公開日:2019.3.9取材地: 動画

 2019年3月9日(土)17時30分より、兵庫県尼崎市の園田地区会館にて、弘川よしえと立憲民主党尼崎キックオフ集会〜第2部「女性からみて、今なぜ立憲民主党なのか」が開催された。


立憲民主党・弘川欣絵氏街頭演説会(尼崎市) 2019.2.16

記事公開日:2019.2.16取材地: 動画

 2019年2月16日(土)14時より、立憲民主党の公認を受けて兵庫県議会議員選挙に立候補予定の弁護士・弘川欣絵(ひろかわ・よしえ)氏の街頭演説会がJR尼崎駅北側梅川の像前で開かれ、弘川氏とともに仲間の弁護士らが応援を行った。


〈生きる権利を求めて〉阪神淡路大震災24周年集会(神戸市) —「原発事故と私たちの人権」〜原発賠償関西訴訟で訴えていること〜 話 森松明希子氏(福島からの避難者、原発賠償関西訴訟原告団代表) 2019.1.13

記事公開日:2019.1.13取材地: 動画

 阪神・淡路大震災から24年となる1月17日を前に、2019年1月13日(日)14時より神戸市長田区の新長田勤労市民センターで被災地反失業総行動参加団体連絡会主催による「〈生きる権利を求めて〉阪神淡路大震災24周年集会」が開かれた。原発賠償関西訴訟原告団代表で福島からの原発事故避難者の森松明希子氏が「原発事故と私たちの人権〜原発賠償関西訴訟で訴えていること〜」と題して講演した。


【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画 第9弾!】 改憲の目的はただ一つ!「戦争ができる憲法」だ!『安倍「4項目」改憲の建前と本音』著者・神戸学院大学 上脇博之教授にIWJ京都中継市民・北野ゆりがインタビュー 2018.12.24

記事公開日:2018.12.30取材地: テキスト動画独自

特集 憲法改正◆ヤバすぎる緊急事態条項特集はこちら!
※公共性に鑑み、ただいま全編特別公開中です。ぜひ、IWJ存続のため会員登録でのご支援をよろしくお願いいたします。会員登録はこちらから→ https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php
※2019/1/2 リード追加

 2018年12月11日、東京都内であった「中曽根康弘世界平和研究所設立30周年記念式」において、安倍晋三総理は、「我が(自民)党において、しっかりと憲法改正に向けて具体的な(改憲)4項目のイメージをすでにお示ししている」とし、「憲法(改正)の論議が、本格的に始まりかけているというところまでは参りました」などと述べた。


いのちとくらしの映画祭 with 湯浅誠 ―湯浅誠講演会「子どもの貧困から考える~民主主義を再考し、誰もが尊重される社会とは」(神戸市) 2018.12.15

記事公開日:2018.12.26取材地: 動画

 2018年12月15日(土)13時より神戸市中央区の神戸市勤労会館にて、「いのちとくらしの映画祭 with 湯浅誠」と題し、湯浅誠氏の講演会「子どもの貧困から考える~民主主義を再考し、誰もが尊重される社会とは」が開催された。


九条の会.ひがしなだ 憲法学習会(神戸市)―講師 神戸学院大学法学部教授・上脇博之氏 2018.12.16

記事公開日:2018.12.22取材地: 動画

 2018年12月16日(日)14時より、兵庫県神戸市東灘区の魚崎西町会館にて、九条の会.ひがしなだ 憲法学習会が開催された。「安倍壊憲と国民投票のワナ」と題し、神戸学院大学法学部教授の上脇博之氏が講演を行った。


前川喜平さんに聞く 朝鮮学校無償化除外問題(神戸市) 2018.11.24

記事公開日:2018.11.30取材地: 動画

 2018年11月24日(土)14時より神戸市中央の兵庫県私学会館にて、現代教育行政研究会代表で元文部科学事務次官の前川喜平氏を講師として招き、「前川喜平さんに聞く 朝鮮学校無償化除外問題」と題する講演会が開催された。主催は、 I(アイ)女性会議ひょうご、在日本朝鮮民主女性同盟(ニョメン)兵庫県本部。


シンポジウム 安倍「加憲」案にどう対抗するか(神戸市) ―パネリスト 池田香代子氏(翻訳家)、伊勢崎賢治氏(東京外大教授)、松竹伸幸氏(ジャーナリスト)、吉田維一氏(弁護士) 2018.11.23

記事公開日:2018.11.23取材地: 動画

特集 憲法改正

 2018年11月23日(金・祝)14時より、神戸市中央区にあるあすてっぷKOBEで兵庫県弁護士9条の会主催によるシンポジウム「安倍『加憲』案にどう対抗するか」が開かれた。パネリストの伊勢崎賢治・東京外大教授、翻訳家の池田香代子氏、かもがわ出版編集長の松竹伸幸氏、吉田維一弁護士が安倍「加憲」案と自衛隊に関する様々な論点を議論した。


災害が起きた後に権力を集中しても何もできない。災害をダシに憲法を変えさせてはいけない!「憲法に緊急事態条項は必要か」永井幸寿弁護士が11.17神戸で講演! 2018.11.17

記事公開日:2018.11.17取材地: 動画

 2018年11月17日(土)14時より、神戸市勤労会館(神戸市中央区)で「緊急事態条項はいらない!市民集会 in 神戸」が開かれ、弁護士で元日弁連災害復興支援委員会委員長の永井幸寿氏が「憲法に緊急事態条項は必要か」と題し講演を行った。


日本国憲法公布72周年 神戸憲法集会 ―講演 渡辺治氏(一橋大学名誉教授)(神戸市) 2018.11.3

記事公開日:2018.11.9取材地: 動画

特集 憲法改正

 2018年11月3日13時30分より、神戸市中央区の神戸市勤労会館にて、日本国憲法公布72周年 神戸憲法集会が開催され、渡辺治氏(一橋大学名誉教授)が「安倍改憲の危険性と改憲阻止のたたかい―安倍政権のめざす日本から憲法の生きる日本とアジアへ」と題した講演を行った。


立憲主義と平和を守る西宮の会 講演会「弁護活動から憲法を考える」 ―講師 亀石倫子弁護士 2018.9.15

記事公開日:2018.9.18取材地: 動画

 2018年9月15日(土)14時より兵庫県西宮市の勤労会館にて、立憲主義と平和を守る西宮の会 講演会「弁護活動から憲法を考える」が開催され、「報道ステーション」や「サンデーモーニング」でコメンテーターとして活躍中の弁護士の亀石倫子氏が講師として登壇した。


巨大な監視網による情報操作と世論誘導で不都合な真実は消去! 「内部告発の重要性をスノーデンが教えてくれた」 ジャーナリスト・小笠原みどり氏講演会 2018.7.28

記事公開日:2018.7.28取材地: テキスト動画

緊急特集 共謀罪(テロ等準備罪)法案シリーズ
※2018年8月12日、テキストを追加しました。

 トランプ米大統領は、パックスアメリカーナ(PA)からの撤退を公約とし、就任後もその公約を撤回することなく、国内でも、国外でも、外国の首脳に対してでも、PA撤退を訴える。トランプ大統領はその一方で、今でも世界最大最強の軍事力をより強化し、軍事費を投入すると断言し、「力による平和」を訴える。「アメリカの圧倒的な軍事的支配力のもとでの国際秩序・平和」というのが、PA体制の定義ではなかったのか? これまでと何がどう違うのか、と多くの人々が混乱し続けている。


九条の会.ひがしなだ シリーズ私の戦争体験(その13)戦災を生き延び、平和を求めて ~「住吉」駅南の空襲で、死に直面~語り部 増川宏一氏 2018.7.1

記事公開日:2018.7.2取材地: 動画

 「九条の会.ひがしなだ」がシリーズで行っている戦争体験を聞く集会の13回目「戦災を生き延び、平和を求めて ~『住吉』駅南の空襲で、死に直面~」が2018年7月1日(日)14時より、東灘区民センター(神戸市東灘区)で開かれ、戦中の生活や空襲体験について1930年生まれの増川宏一氏が話をした。


竹中平蔵氏が会長を務めるパソナの迎賓館を門康彦市長が訪れた直後に淡路島が「総合特区」に!?「地方創生」の効果は不明!?「パソナ島・淡路島」の謎は深まるばかり!?(後編) 2018.6.3

記事公開日:2018.6.3取材地: テキスト

 「森友学園」「加計学園」問題がにわかに国会で注目を集め始めた2017年3月、IWJは、「加計学園」問題の取材も兼ねて、淡路島を訪れた。「加計学園」の系列大学・吉備国際大学の南あわじ志知キャンパスを取材すると同時に、「淡路島が『パソナ島化』している」という、にわかには信じがたい話を確かめるためだ。


竹中平蔵氏が会長を務めるパソナの「植民地」と化した淡路島をIWJが訪問! 広大な農地に、廃校した小学校を改装した複合施設、謎の迎賓館「春風林」!?(前編) 2018.6.3

記事公開日:2018.6.3取材地: テキスト

 どこを見てもパソナ、パソナ、パソナ――。

 美しい瀬戸内海に浮かぶ兵庫県・淡路島。魚介類や玉ねぎ、淡路牛などの特産品を誇るにこの島には、世界最長の吊橋・明石海峡大橋のおかげで本土からも観光客が訪れる。

 『古事記』や『日本書紀』には、イザナミノミコトとイザナギノミコトが最初に生んだのが、「淡路穂狭別島(あわじのほのさわけのしま)」、すなわち淡路島であるとの記述がある。そのため、この島には神話にゆかりのある見どころが多く存在する。