学生有志団体ゆんたくるー主催 The Day to Remember ―Workshop and Flag March― 2015.6.20

記事公開日:2015.6.20取材地: 動画

 沖縄戦終結から70年目となる2015年6月23日の慰霊の日を前に、若者のグループ「ゆんたくるー」が20日(土)15時半より那覇市内でフラッグマーチ「The Day to Remember」を行った。


稲嶺進・名護市長&渡久地修・沖縄県議会議員 訪米報告会 2015.6.19

記事公開日:2015.6.19取材地: 動画

 翁長沖縄県知事とともに訪米した稲嶺進・名護市長と渡久地修・訪米団団長(県議会議員)による訪米報告会が、2015年6月19日(金)19時より沖縄県名護市・名護市民会館で開かれた。


沖縄環境ネットワーク 2015年度総会 2015.6.13

記事公開日:2015.6.13取材地: 動画

 2015年6月13日(土)、那覇市の沖縄大学で、沖縄環境ネットワーク2015年度総会が開催され、真喜志好一氏の講演などが行われた。


ネットワーク九条の会沖縄主催 アーサー・ビナード氏講演会「へのこ へのこ もへじ ~これが日本の本当のかお?」 2015.6.9

記事公開日:2015.6.9取材地: 動画

 2015年6月9日(火)、沖縄県の那覇ぶんかテンブス館で、ネットワーク九条の会沖縄主催による、アーサー・ビナード氏講演会「へのこ へのこ もへじ ~これが日本の本当のかお?」が開催された。


自民党青年部・青年局全国一斉街頭行動 ―「拉致問題の解決、新憲法制定」について 2015.6.5

記事公開日:2015.6.5取材地: 動画

 自民党青年部・青年局による「全国一斉街頭行動」が2015年6月5日(金)午前、那覇市内を皮切りに始まった。街頭行動は拉致問題・新憲法制定をテーマにしてこの週末を中心に全国およそ100か所で開かれる予定。


どぅなんちま ゆんたく広場 ―与那国島の魅力を学び、未来を考える 2015.5.30

記事公開日:2015.5.30取材地: 動画

 2015年5月30日(土)、沖縄県与那国島の祖納(そない)複合型施設で、「どぅなんちま ゆんたく広場 ―与那国島の魅力を学び、未来を考える」が開かれた。


戦後70年 止めよう辺野古新基地建設!沖縄県民大会 2015.5.17

記事公開日:2015.5.17取材地: 動画

 2015年5月17日(日)13時より、沖縄県那覇市にある沖縄セルラースタジアムで「戦後70年 止めよう辺野古新基地建設!沖縄県民大会」が開かれ、登壇した翁長雄志・沖縄県知事、鳥越俊太郎氏(ジャーナリスト)らが辺野古の米軍基地建設阻止を訴えた。


復帰43年 第38回 5.15平和行進 出発式 2015.5.15

記事公開日:2015.5.15取材地: 動画

 沖縄復帰から43年を迎えた2015年5月15日(金)10時より、辺野古を望む沖縄県名護市・瀬嵩の浜で毎年恒例の「5.15平和行進」の出発式が行われた。


復帰43年 第38回 5.15平和行進 全国結団式〜全国の力を結集して、止めよう辺野古新基地建設! 2015.5.14

記事公開日:2015.5.14取材地: 動画

 2015年5月14日(木)15時から、沖縄県那覇市のパレット市民劇場で、「復帰43年 第38回 5.15平和行進 全国結団式〜全国の力を結集して、止めよう辺野古新基地建設!」が行われた。


2015憲法講演会~命を守る 9条の希望「絶対、戦争すなよー 沖縄を知る 平和をつくる」 2015.5.3

記事公開日:2015.5.3取材地: 動画

 2015年5月3日(日)、沖縄県の那覇市民会館で、2015憲法講演会~命を守る 9条の希望「絶対、戦争すなよー 沖縄を知る 平和をつくる」が開催された。


「安倍首相の頑なな固定観念は残念」 オバマ米大統領に辺野古新基地建設を約束した安倍総理に憤りーー4月29日翁長沖縄県知事臨時記者会見 発言文字起こし 2015.4.29

記事公開日:2015.4.30取材地: テキスト動画

 「強い憤りを感じている」

 日米首脳会談でオバマ米大統領と会談した安倍総理は2015年4月28日、辺野古新基地建設に反対している翁長雄志沖縄県知事の意向を伝えた上で、「普天間飛行場の危険性を辺野古移設によって1日も早く除去する」と発言。「辺野古移設は唯一の解決策」という考え方をあらためて強調した。

 それに対し、29日、翁長知事は臨時会見を開き、安倍総理の発言を批判し、近いうちに訪米し、米国政府に直接、県民の民意を伝えたいと説明。また、岩礁は岩礁破砕区域の外で珊瑚礁が破壊された可能性が高いとして、臨時制限区域内での現地調査を希望していた県だが、2ヶ月が経っても未だ外務省から許可がおりてない。これについて翁長知事は、5月11日から調査を実施する計画を外務省に伝達したという。


国頭郡東村、20年ぶりの村長選挙を振り返って~1900人の小さな村にのしかかる国策と重圧――新人・當山全伸氏が目指した「村民参加型」政策への審判は? 2015.4.28

記事公開日:2015.4.28取材地: テキスト動画

 20年間、選挙が行なわれなかった村がある。

 有権者数約1500人の沖縄県国頭郡東村。最後に選挙が行なわれた1995年以来、対立候補が現れず、無投票状態が続いてきた。村民の民意が改めて問われることがなかったという、その「異常な20年」から脱却しようと、2015年4月21日、元村役場職員の當山全伸(とうやままさのぶ)氏が村長選に立候補を決めた。

 選挙の争点のひとつとなった、米軍訓練場の一部返還に伴う高江へのヘリパッド移設。選挙戦は、これを容認する現職の伊集盛久(いじゅせいきゅう)氏との一騎打ちとなった。5日間の選挙期間中、當山氏は「ヘリパット移設反対」と「村民参加型」の2点を強調。伊集氏との違いをアピールした。


「屈辱の日」集会 ~主催 止めよう辺野古新基地建設実行委員会 2015.4.28

記事公開日:2015.4.28取材地: 動画

 2015年4月28日(火)18時から、沖縄県那覇市の沖縄県庁前県民広場で、「止めよう辺野古新基地建設実行委員会」主催の「『屈辱の日』集会」が開かれた。


東村長選 開票中の元村役場職員 當山全伸候補・事務所の模様 2015.4.26

記事公開日:2015.4.27取材地: 動画

 20年ぶりに行われた沖縄県国頭郡東村の村長選挙で、現職の伊集盛久候補に挑んだ當山全伸候補(無所属、元村役場職員)の事務所から開票時の模様を2015年4月26日(日)21時過ぎよりレポートした。


辺野古移設反対で基金創設、米国紙に「新基地反対」広告掲載へ──翁長知事「ワシントンDCで沖縄の実情を訴え、米国の世論喚起を」 2015.4.9

記事公開日:2015.4.26取材地: テキスト動画

※4月27日テキストを追加しました!

 日本と米国で、沖縄の民意が蔑ろにされれば、「世界から、日米の民主主義の本性が見透かされることになる」──。渡米を控えた翁長雄志沖縄県知事は、「辺野古基金」創設の記者会見に出席して、このように力説した。

 沖縄県宜野湾市にある米軍普天間飛行場の、名護市辺野古への移設に強く反対する地元の経済人や与党議員らは、2015年4月9日、「辺野古基金」を創設し、那覇市内で記者会見を開いた。


辺野古埋立承認取消裁判 第六回公判前後の集会 2015.4.22

記事公開日:2015.4.22取材地: 動画

 2015年4月22日(水)、沖縄県那覇市の那覇地方裁判所で、沖縄県知事による辺野古新基地埋め立て承認取り消し裁判の第6回公判が行われ、原告らが地裁前で集会を開いた。


東村長選 元村役場職員・當山全伸氏 出発式 2015.4.21

記事公開日:2015.4.21取材地: 動画

 2015年4月21日(火)8時30分から、沖縄県国頭郡の東村有銘区公民館前広場で、東村長選に立候補した元村役場職員の當山全伸氏の出発式が行われた。


東村長選 現職・伊集盛久氏 出発式 2015.4.21

記事公開日:2015.4.21取材地: 動画

 2015年4月21日(火)9時から、沖縄県国頭郡の宮城集会所で、東村長選に立候補した現職の伊集盛久氏の出発式が行われた。


翁長県知事と菅官房長官の初会談が実現!〜「頑張れ翁長」コールに見送られ、拳をかかげた翁長知事 2015.4.5

記事公開日:2015.4.5取材地: テキスト動画

 翁長雄志沖縄県知事と菅義偉官房長官の初会談が実現した2015年4月5日、那覇市にあるホテル前には、1500人の市民による「頑張れ翁長」コールの合唱が鳴り響いた。

 9時13分頃、翁長知事を乗せた車両が姿を見せると、ホテル前に待機していた市民らは「頑張れ翁長」の大合唱でエールを送り、翁長知事は車の窓を開け、市民と握手をしながらホテルに向かったという。


IWJ中継市民による普天間米軍基地爆音訴訟団事務局次長 桃原功・宜野湾市議インタビュー 2015.4.4

記事公開日:2015.4.4取材地: 動画独自

 2015年4月4日(土)、沖縄県宜野湾市の米海兵隊キャンプ瑞慶覧(ずけらん)西普天間住宅地区で行われた返還式典後、式典に列席した桃原功(とうばる・いさお)宜野湾市議にインタビューを行った。