【第96号】岩上安身のIWJ特報!「ワイマール時代の終幕」? 孤立を深める日本(後編)~日本に対してアクセルと急ブレーキを同時に踏む米国の真意 2013.9.10

記事公開日:2015.4.4 テキスト独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(岩上安身)

記事目次

  • 国際的孤立を深める日本
  • 歴史認識で安倍総理に警告を発する「ジャパン・ハンドラー」
  • 安倍総理氏とアーミテージ氏の、定義できない問答
  • 安倍政権という「怪物」が「蝗」とならないよう、釘を刺しに来たジャパンハンドラー
  • さらに深まる日本の孤立化

国際的孤立を深める日本

 先日の参議院選挙で65議席を獲得し、圧勝した自民党・安倍晋三政権。その安倍政権が、国際社会で孤立しつつある、と言われても、ピンとこない人がほとんどかもしれない。日本の大手マスメディアの報道を見る限り、昨年末の安倍政権の成立以降、急速に深刻化しつつある日本の国際的孤立については、まったくと言っていいほど報じられていない。

 2月21日に行われた日米首脳会談の後、その日の夕方に行われた、ワシントンのシンクタンクCSIS(米戦略国際問題研究所)での講演で、安倍総理は「Japan is back(日本は戻ってきました)」と、いささか上ずったような、ハイトーンボイスで宣言した。

 場所は米国である。すなわち、この「Japan is back」というメッセージは、「あなたたち米国にとって、おなじみの『日本』が戻ってきたんです!」という意味に他ならない。その「日本」とはもちろん、日米安保に基礎づけられた戦後体制下の「日本」であり、米国に従順な「あなたがた米国の忠犬ポチ日本」ということである。

※CSISでの安倍総理のスピーチ動画
【URL】http://bit.ly/X1WN2L

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

「【第96号】岩上安身のIWJ特報!「ワイマール時代の終幕」? 孤立を深める日本(後編)~日本に対してアクセルと急ブレーキを同時に踏む米国の真意」への1件のフィードバック

  1. 岩上休め より:

    安倍政権は戸惑っていません。共和党に政権交代するのを待っているだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です