アジア記者クラブクラブシンポジウム〜「核密約」について講演 共同通信記者太田昌克氏 2010.12.11

記事公開日:2011.12.11取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2010年12月15日、文京区シビックセンターで開かれたアジア記者クラブシンポジウムで、共同通信の記者である太田昌克氏が、「核密約」について講演した。

  • 日時 2010年12月11日(土)
  • 場所 文京区シビックセンター(東京都文京区)

 太田氏は『盟約の闇―「核の傘」と日米同盟』という著書もある、長年、日米関係と密約を取材してきた記者だ。

 占領期から東アジアが緊張状態にあった1950年代、ベトナム戦争下の60~70年代。そして冷戦終了後の1990年代以降、日本に対する「核の持ち込み」はどのような状態であったのか。

 外務省の国民に対する欺瞞的な説明──米国からの事前協議がない以上、核は持ち込まれていない──を可能にしたものは何か。

 「密約」という国民への嘘を、官僚や政治家が許容してきたのはなぜか。「密約」という秘密は、どのように守られてきたのか。

 講演では、長年の取材を元に、日米政府による密約のからくりを詳細に解説した。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です