「イタリアではワインを飲むことは当たり前であって、ワイン飲まないと男じゃない」 ~FCCJ主催 ロベルト・バッジョ 元サッカーイタリア代表 記者会見 2013.6.8

記事公開日:2013.6.8取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 元サッカーイタリア代表のロベルト・バッジョ氏が、6月9日、国立競技場で行われる日本対イタリアのOB戦に出場する予定。これに合わせて8日、日本外国特派員協会で記者会見が行われた。

 ロベルト・バッジョ氏は、現役時代のアルコール、飲酒の量について、少し飲む程度だったと明かした。イタリアではワインを飲むことは当たり前の事で、飲まないと男じゃないということも言われているとも話した。2000年に日本のチームからオファーがあったが、日韓共催のワールドカップにイタリア代表として出場したかったので、お断りしたと当時を振り返った。

■ハイライト

  • 会見者) ロベルト・バッジョ (Roberto Baggio) 氏(元サッカーイタリア代表)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

「「イタリアではワインを飲むことは当たり前であって、ワイン飲まないと男じゃない」 ~FCCJ主催 ロベルト・バッジョ 元サッカーイタリア代表 記者会見」への1件のフィードバック

  1. 真也 より:

     ロビー(ロベルト・バッジオ)は、自分自身をしっかりと語ることができる、やはり素晴らしい人。
     「サッカー選手である前に人間」「選手として(ちょっと)、人間としては(もうちょっと長い)」とのコメントを聞くと、地盤を作って一生政治家、世襲で政治家、みたいなのとちょっと比べてしまいました。どっちがまともかは、言うまでもなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です