「自民党の憲法改正草案は、権威主義、軍国主義へと向かわせる」約3500人が憲法改悪反対を訴え ~5・3憲法集会&銀座パレード 2013 2013.5.3

記事公開日:2013.5.3取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 憲法記念日の3日、自民党が政権を握り、憲法96条の改正を皮切りに憲法を改正しようとしていることに対して抗議する集会とパレードが東京で行われた。志位和夫共産党委員長は、自民党の改憲草案から現行憲法の97条にあたる「基本的人権は、永久の権利として信託されたものである」の項目が削除されていることに対し、警鐘を鳴らした。また、沖縄から加藤裕弁護士が登壇。渦中の普天間基地辺野古移設に言及し、「犠牲になるのが10万人より1万人の方がまし、ということは絶対に言ってはならない」と述べた。

■集会

■パレード

■加藤弁護士インタビュー

  • 講演 アイリーン・美緒子・スミス氏、加藤裕氏、福島みずほ氏、志位和夫氏
  • コント おしどりマコ・ケン両氏
  • 日時 2013年5月3日(金)
  • 場所 東京都中央区
  • 主催 5・3憲法集会2013実行委員会

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です