一票の格差訴訟 昨年の衆院選を違憲と判断。無効請求は退ける ~「1人1票裁判」判決についての記者会見 2013.3.6

記事公開日:2013.3.6取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年12月16日の衆院選は、最大で2.43倍の「一票の格差」が生じたために憲法違反だとし、升永英俊弁護士らのグループが選挙の無効を求めた訴訟の判決が6日、東京高裁であり、難波孝一裁判長は選挙を違憲とする判決を言い渡した。ただし、選挙無効の請求は棄却した。原告側は即日上告した。判決後の会見で升永弁護士は「50点だ」と判決を評価した。その理由として、この日の判決が「日本の選挙が人口比例選挙ではないことが憲法違反だと明記された訳ではない」からだとした。

■ハイライト

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です