「京都盆地の地下深くを地域住民に何の説明もなく掘っても構わないという法律を、強行するような政府支援による府政の交代を」~4.8 京都府知事選 無所属 梶川憲候補 街頭演説 ―応援弁士:松尾匡立命館大学教授、田村智子参議院議員・日本共産党副委員長 2022.4.8

記事公開日:2022.4.10取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2022年4月8日(金)午後6時30分より、京都府知事選 無所属 梶川憲候補 街頭演説が行われた。今回応援弁士として登壇したのは、松尾匡立命館大学教授、田村智子参議院議員・日本共産党副委員長。

 
 梶川候補は、「京都盆地の地下深く(40m以下)を地域住民に何の説明もなく掘って、北陸新幹線を通す法律を作ってきたのが政府自民党。それを京都で第1号として使おうとしている。そんな住民不在の自民党が推す現在の京都府政は許すことができない」と府政交代を訴えた。

■全編動画

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です