日本共産党が入手した「航空局長と理財局長との意見交換概要」について文書記録の有無を問われ財務省「顔合わせだから文書記録は作成してない」!? ~「森友文書」改竄問題6.12野党合同ヒアリング 2018.6.12

記事公開日:2018.6.13取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年6月12日(火) 17時より東京都千代田区の衆議院にて、財務省「森友文書」改ざん問題 野党合同ヒアリングが実施され、共産党が公表した「航空局長と理財局長との意見交換概要」について関係省庁への追及が行われた。

■ハイライト

  • 共産党が公表した「航空局長と理財局長との意見交換概要」について
  • 文書改ざんに関する財務省の調査結果及び処分について
  • 前回の宿題返し(財務省、国交省航空局、会計検査院、法務省よりヒアリング)
  • 日時 2018年6月12日(火) 17:00~
  • 場所 衆議院(東京都千代田区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「日本共産党が入手した「航空局長と理財局長との意見交換概要」について文書記録の有無を問われ財務省「顔合わせだから文書記録は作成してない」!? ~「森友文書」改竄問題6.12野党合同ヒアリング」への1件のフィードバック

  1. 極重悪人 より:

    文書管理規則の記録作成についての責任者は必ずいるので、そこを明確に聴かなければならないよ。軽微なものといってその判断を下す責任者を設定していない規則などあり得ない。野党はしっかりしろ。それぐらいは一般会社員でも知っているぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です