【国会ハイライト】評価額36億7000万円の土地に坪単価は600万円!? 校舎設計企業の役員の中には「加計」の名も!「こんな計画、認めていいのか?」原口一博議員が疑惑を追及 2017.11.28

記事公開日:2017.12.9 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(文:花山格章)

 「認可前、建設リスクは加計学園(が負う)と言いながら、ノーリスク。建設費の半分は今治市が出して、5万坪の土地を無償で譲渡されれば、それを担保にお金を借りられる。こんな建設の仕方、ありますか!」

 原口一博衆議院議員(無所属の会)は、2017年11月28日の衆議院予算委員会で質問に立ち、加計学園の岡山理科大学・獣医学部の新設について、「この計画自体、本当に認めていいものなのか?」と疑問を呈した。

 加計学園の獣医学部新設の総事業費について問われ、答弁に立った林芳正文部科学大臣は、「設置経費192億円のうち、半分は補助金。残り96億円については、学園として自己資金を保有しているということで、大学設置・学校法人審議会においては、施設設備の設置経費の財源に関する基準は満たされている」と回答した。

 さらに、原口議員は校舎建設について、「施設を設計した会社にも『加計』の名がある。坪単価は600万を超えるが、管理棟は鉄骨4階建て、獣医学棟は鉄骨7階建て。そして、鉄骨づくりの2階建て大講義棟に1階建ての大動物実験棟。そんなにするのか」と指摘。「設置審の施設建設費の最低基準は37億円。それが(加計学園は)192億円。これはどういうことか。しっかりとした解明が必要だ」と述べた。

記事目次

加計学園の設置にかかる費用は192億円! 半分の96億円は今治市の負担になる

原口一博議員(以下、原口議員)「最後に、加計の問題について、事実だけ。これは文科省、文科大臣と、それから細かいところは政府参考人で結構でございます。これは、総事業費はいくらですか。そして、補助金はいくらなのか。先ほどの森友の話でもありましたけれども、やはり認可がおりるまでは、自らのオウンリスクでもってやる、そういう状況になっていますよね。これは、まず文科大臣にうかがいたい。総事業費がいくらで、そのうち今治市からの補助金がいくらで、借入金はどうなっているのか、それをお尋ねします」

▲原口一博議員

林芳正文部科学大臣(以下、林大臣)「ありがとうございます。加計学園の設置計画では、施設が148億2000万円、設備が43億8000万円ということになってございます。それから、今治市の補助金についてもお尋ねがございましたが、これは、本年3月に今治市議会が96億円の債務負担行為の議決を行うということで聞いてございます。それから、借り入れでございますが、借り入れにつきましては、設置経費192億円のうち、その半額である96億円について今治市から補助金を受けることにしておりまして、残り96億円については、この学園としては自己資金を保有しておりますが、この学園の方では60億円ということで承知をしております」

原口議員「その借り入れについては確認されたんでしょうか」

林大臣「これは、学園の方でそういう予定ということでございますが、この設置審査では、先ほど申し上げましたように、設置経費192億円のうち、その半額は補助金ということでございます。したがって、残り96億円については、学園として自己資金を保有しているということでございますので、大学設置・学校法人審議会においては、このような施設設備の設置経費の財源に関する基準は満たされているということでございます。

 なお、借り入れについては、財源に関する基準を満たした上で、法人の判断で行われるというものでございますので、仮に借り入れが行われなくても、施設整備計画の履行に支障は生じないものと考えております」

5万坪の広大な土地を今治市が無償譲渡。土地の評価額は36億7000万円!? 「もう、びっくりです」と原口議員

原口議員「今日は時間の関係で、設置審が何を審査したか、つまり、借り入れについては審査していないんですね。9の9をご覧になってください、お手元の資料です。これが今、文科大臣がおっしゃった96億円の今治市からの補助金です。96億円のところの横に、ご覧になってください、『県支出金を除いた金額』と書いてあるんです。県は何も決めていませんよ。つまり、96億円を払う。つまり、192億円と加計学園が言うものだから、その半分を今治市が持ちますよという、そういうものですね。

 では、文科大臣にうかがいますが、土地は、これも土地は今治市からの無料譲渡ですね。約5万坪の土地をいくらで、いくらのものを加計に無償で譲渡しているんですか、教えてください」

▲林芳正文部科学大臣

林大臣「土地は、今、先生からお話がありましたように無償譲渡ということでございますが、評価額は今治市が約36億7000万円としているというふうに聞いております」

原口議員「いや総理、これ、もうびっくりするんですけれども、評価額って何を評価しているかというと、地価じゃないでしょう。先ほど、森友でやっていましたね、国交大臣、不動産鑑定がいくらだ何だって。これは違いますよ。今治市がここにかけたお金じゃないですか。実際の5万坪の土地の値段はいくらですか。文科省、知らないでしょう。事務方、わかりますか。知らないね」

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です