民進党・前原代表が両院議員総会でお詫びと釈明「仮に野党共闘をしても惨憺たる結果になっていた」!? 辞任は持ち越し~前原氏への不満で総会紛糾! 民進の今後は? 党も資金もそのまま存続 2017.10.27

記事公開日:2017.10.29取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年10月27日(金)15時より、東京都千代田区の民進党本部にて民進党 両院議員総会が開かれ、冒頭、前原代表が衆院選での結果をふり返り陳謝し、自身の代表辞任について言及した。総会後、桜井充議員、小西洋之議員、中川正春両院議員総会長らのコメントを拾い、IWJは中継を行った。

■ハイライト

  • タイトル 民進党 両院議員総会・懇談会(冒頭のみ)
  • 日時 2017年10月27日(金)15:00〜
  • 場所 民進党本部(東京都千代田区

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

「民進党・前原代表が両院議員総会でお詫びと釈明「仮に野党共闘をしても惨憺たる結果になっていた」!? 辞任は持ち越し~前原氏への不満で総会紛糾! 民進の今後は? 党も資金もそのまま存続」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    一連の流れを見れば前原氏の行動が確信犯であったのは明らか。民進党議員は曖昧なまま終わらせず、法的措置も含めて対応しなくては第二第三の前原氏が出てくるだろう。これは明確な意思を持った「クーデター」なのだ。
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/403819 … @iwakamiyasumi
    https://twitter.com/55kurosuke/status/924392868126515200

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です