「安倍晋三」コールが響くなか、安倍晋三・自民党総裁が麻生太郎氏らと秋葉原で都議選の「リベンジ」演説 「『安倍辞めろ』と言ったら、支持者の方に突き飛ばされた」という証言も 2017.10.21

記事公開日:2017.10.23取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:須原拓磨、記事構成:城石エマ)

衆院選2017特集 東京1区
※2017年11月16日、テキストを追加しました。

 「SF映画の撮影のような、ちょっと変わった空気を感じた」――。

 街頭演説後にお話をうかがった男性は、このように現場の状況を語った。

 2017年10月21日、秋葉原駅電気街口にて、衆院選・東京1区から出馬した、自民党・山田美樹候補の街頭演説が行われ、安倍晋三総理と麻生太郎副総理兼財務大臣が応援に駆けつけた。

 秋葉原と言えば、7月2日投開票の東京都議選の投票日前日に、安倍総理が自民党・中村彩候補(当時)の応援演説を行い、聴衆から「安倍やめろ!」「帰れ!」コールを浴びた場所である。安倍総理が「こんな人たちに皆さん、私たちは負けるわけにはいかない!」と苛立ちを露わにしたのは記憶に新しい。

▲東京都議選の投票日前日に安倍総理が秋葉原で行った街頭演説で(2017年7月1日・IWJ撮影)

 今回の衆院選で、最終街頭演説の地を秋葉原に選んだのは、都議選の「リベンジ」を果たすためだったのでは、という見方も出ていた。

 この日の秋葉原電気街口は、自民党支持者で埋め尽くされ、そこかしこに日章旗が林立。「安倍辞めろ」のコールは、「安倍晋三!」「安倍総理!」という応援コールにかき消された。

 演説後にIWJが取材した聴衆の方の中には、「『安倍辞めろ』と言ったら、支持者の方に突き飛ばされた」という証言をした人もいた。批判の声はかき消され、批判者は暴力的に排除される。秋葉原での自民党の街頭演説は、さながら「極右集会」と化していた。

▲日章旗が林立し、「負けるな安倍総理」などと書かれた特大の横断幕も掲げられた

記事目次

■ハイライト

  • タイトル 衆院選 自由民主党 山田美樹候補(東京1区)街頭演説 ―応援 安倍晋三総裁
  • 日時 2017年10月21日(日)19:00〜
  • 場所 秋葉原駅電気街口(東京都千代田区)

「北朝鮮を殲滅せよ!」と書かれた横断幕や、無数の日章旗が掲げられる一方、「卑劣『森友・加計疑惑隠し』の解散」などと書かれた安倍政権に批判的なプラカードもあがる!

 現場では、無数の日章旗のほかに、「北朝鮮を殲滅せよ!」という絶滅戦争を煽るような横断幕や、「おい!TBS 偏向報道は犯罪なんだよ」などと書かれたプラカードが掲げられた。

▲「北朝鮮を殲滅せよ!」と書かれた横断幕

▲「おい!TBS 偏向報道は犯罪なんだよ」と書かれたプラカード。テレビ朝日に対する同趣旨のプラカードも掲げられていた

 「『殲滅せよ』とは『皆殺ししろ』という意味であり、北朝鮮に住む人全員を皆殺しにしろというこの旗を掲げた人物は、殺人煽動をしているに等しい」と、岩上安身はツィートしている。安倍総理や麻生副総理は、この殺人煽動を黙認していたのだ。この点については記事化もしているので、ぜひあわせてお読みいただきたい。

 他にも、「卑劣『森友・加計疑惑隠し』の解散」や、「カケかくし かかし」などと書かれた、安倍政権に対して批判的なプラカードも、ごく少数ではあったが、掲げられていた。

▲「卑劣『森友・加計疑惑隠し』の解散」と書かれたプラカード

▲「カケかくし かかし」と書かれたプラカード

「安倍晋三!」「安倍総理!」コールが鳴り響いた秋葉原 「帰れ!」コールがあがった瞬間も

 IWJがカメラを構えていた報道スペースから聞こえたのは、支持者らによる「安倍晋三!」「安倍総理!」というコールが圧倒的多数だった。

▲主に女性と子どもで構成されたこのグループは、安倍総理が演説を終えると、「安倍総理!安倍総理!」と何度も声援を送っていた

 あくまで報道スペースから聞こえた範囲ではあったが、街頭演説が終了し、安倍総理が支持者らと握手をしてまわっていた時に一度だけ、「帰れ!」コールが大きくあがった瞬間があった。報道スペースから約10メートル弱ほど離れたところで声があがったので、安倍政権に反対する聴衆が安倍総理に「帰れ!」とコールしたのか、自民党支持者が安倍政権に反対する聴衆などに「帰れ!」と声をあげたのか、定かではない。

 しかし、後述する聴衆の方へのインタビューでおわかりいただけるように、「安倍辞めろ!」と声を発していた聴衆が存在したことは確かである。報道スペースからは聞こえなかった、安倍政権に反対の意思を示す声が、同時多発的に起こっていたものと推察される。

市民の方々が撮影した「秋葉原」――「森友疑惑 徹底糾明を」と書かれたプラカードを掲げる市民に「バカサヨク!」「頭おかしいサヨクは日本から出て行けー!」と罵声

 衆議院選挙終了後、この秋葉原での街頭演説を撮影した市民の方々が、IWJに動画をお寄せくださった。

■市民の方からの提供動画

 こちらの動画は、安倍総理が演説している最中に、現場の雑感や聴衆の雰囲気を撮影したものである。秋葉原電気街口が、多くの聴衆で埋め尽くされていることがわかる。

 また、「おい!TBS 偏向報道は犯罪なんだよ」「おい!テレ朝 偏向報道は犯罪なんだよ」と書かれたプラカードを掲げている人々が、秋葉原電気街口をウロウロと歩き回っている様子が確認できる。

▲「おい!テレ朝 偏向報道は犯罪なんだよ」というプラカードを持って歩き回る集団

 上記動画の3分4秒地点、9分4秒地点、13分地点でその様子をご覧いただけるので、ご視聴いただきたい。安倍総理に対して批判的な声をあげる人々を、監視するために動き回っていたのでは、と考える向きもある。

 また、13分54秒地点では、街頭演説を行なっているロータリーの出入り口に、大量の警察官が配置されていることが確認できる。

▲街宣車の場所へ通じるロータリー出入り口で警備する大量の警察官

▲「負けるな 安倍総理!」と書かれた特大の横断幕

▲「頑張れ 安倍総理!」と書いてある横断幕も

▲その右側には、「危機突破へ」と書かれている横断幕が

▲安倍総理が演説している最中の聴衆の様子

■尚円王さんからの提供動画

 こちらも市民の方が提供してくださった動画であるが、約2分50秒地点から、「森友疑惑 徹底糾明を」と書かれたプラカードを掲げる人があらわれ、その数十秒後にプラカードを掲げる人に対し、「バカサヨク!」「頭おかしいサヨクは日本から出て行けー!」などという罵声が浴びせられる様子が映っている。

▲「森友疑惑 徹底糾明を」と書かれたプラカードを掲げ、「バカサヨク!」「頭おかしいサヨクは日本から出て行けー!」という罵声を浴びせられた市民

 映像の6分33秒地点では、「憲法改正賛成ー!」「安保法制賛成ー!」や「帰れ!」という声が飛び交っている。詳しくは映像を御覧いただきたい。

他党への批判に精を出す安倍総理と麻生副総理 「よくみれば、みんな民主党じゃありませんか!」

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です