「この解散は『モリカケ隠し』解散だ」~森友・加計問題を総選挙の争点とすべく、市民団体が文科省に要望書を提出!――モリカケ共同追及プロジェクト・アピール街宣および共同記者会見 2017.10.3

記事公開日:2017.10.3取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:谷口直哉)

※10月5日、テキストを追加しました。

 「今回の解散・総選挙は明らかに『森友・加計隠し解散』であると考えています」――。

 2017年10月3日、文部科学省の正門前で、「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表の黒川敦彦氏はこのように訴えた。

 この日、黒川氏など、「森友」疑惑と「加計」疑惑を追及する5市民団体の代表が、文部科学省の大学設置・学校法人審議会(設置審)による、加計学園の審査に対する要望書を提出するため、文科省前に集まった。

 午前11時すぎから、正門前でアピール街宣を行い、続いて12階の文科省記者クラブで共同記者会見を開いた。

 共同記者会見の冒頭、黒川氏は、加計学園の今治獣医学部の建設に関して、建設費の水増し疑惑や、高度なウィルス研究を行うには不適切な設計になっているなどの問題点をあげ、大学設置審査にあたって厳正な審査を求める考えを示し、文部科学省に「加計学園の大学設置審査に関する要望書」を提出することを発表した。

 また、黒川氏は「森友・加計隠しの解散、総選挙ではないかという思いがございまして、そういうことをさせてはならない。森友問題、加計問題を追及していかなければならないということを強く訴えたい」と、今回の総選挙で、この森友・加計学園問題を追及する勢いが弱まり、争点から外れるのではないかという危惧を語った。

 今回の要望書は、「森友学園問題を考える会」の大阪府豊中市・木村真市議と「今治加計獣医学部問題を考える会」の黒川氏が、9月26日に発足させた「モリカケ共同追及プロジェクト」が代表となって、記者会見の直後、文部科学省・高等教育局・専門教育課の担当職員に提出された。

 黒川氏には、岩上安身が2度にわたってインタビューしており、加計学園・今治獣医学部の建設費水増し問題や、ウィルス研究施設の設計に関する問題点などを、詳しくお聞きした。こちらのアーカイブもぜひ、ご覧いただきたい。

 また、岩上安身は木村市議にも、森友学園問題をめぐり近畿財務局を刑事告発した経緯をお聞きした。こちらもあわせて、ご覧いただきたい。

■ハイライト

  • 日時 2017年10月3日(火) 11:00~(アピール街宣)、12:30~(共同記者会見)
  • 場所 文部科学省正門前広場、文部科学省記者クラブ(東京都千代田区)
  • 詳細 10月3日プレスリリース@文科省記者クラブ(黒川敦彦@モリカケ共同追及プロジェクト)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です