「原因はまだはっきりわかりません」フランジ型タンクから水の滴下―ストロンチウム処理水・推定漏えい量45L「パッキンが寿命か?」―東京電力定例会見 2017.6.5

記事公開日:2017.6.5取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年6月5日(月)、東京都千代田区の東京電力本店にて、東京電力による定例会見が開かれ、原子力・立地本部長代理の木元崇宏氏より、福島第一原発の状況報告が行われた。G6-A9タンクのフランジ継ぎ目からのストロンチウム処理水滴下が確認されたことについて、今後の処理計画など記者から質問が飛んだ。

■全編動画

  • 日時 2017年6月5日(月) 17:00~
  • 場所 東京電力本店(東京都千代田区)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です