いま、「個人の尊厳」を考える 〜リスペクトの政治をつくる大阪弁護士有志の会設立記念集会〜 2017.6.2

記事公開日:2017.6.3取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 個人の尊厳と平和が守られる政治、野党・市民との連携などを訴える「リスペクトの政治をつくる大阪弁護士有志の会」の設立記念集会「いま、『個人の尊厳』を考える」が2017年6月2日(金)18時半より大阪市中央区のドーンセンターで開かれ、上智大学の政治学者・中野晃一氏が講演を行った。

■ハイライト

  • 開会挨拶 大川一夫氏(弁護士、主催呼びかけ人)
  • 講演 中野晃一氏(上智大学国際教養学部長・教授、安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合)
  • 野党各党から 辻元清美氏(衆議院議員、民進党)/清水忠史氏(衆議院議員、日本共産党)/服部良一氏(社会民主党大阪府連代表、元衆議院議員)/渡辺義彦氏(自由党大阪府連代表、元衆議院議員)
  • 応援スピーチ 湊隆介氏(安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める関西市民連合)/内海洋一氏(みんなで選挙☆ミナセン大阪)
  • 今後の取り組み 弘川欣絵(ひろかわ・よしえ)氏(弁護士、主催呼びかけ人)/閉会挨拶 石田法子氏(弁護士、主催呼びかけ人)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です