宮古島を陸自配備で標的の島にさせないための政府交渉 2016.12.22

記事公開日:2016.12.23取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年12月22日(木)、東京都千代田区の参議院議員会館にて、宮古島市民会議の主催による「宮古島を陸自配備で標的の島にさせないための政府交渉」が行なわれ、宮古島へ陸上自衛隊配備を強行する防衛省に対し、宮古島住民の猪澤也寸志氏、社民党の福島みずほ参議院議員らが意見交渉を行なった。

■ハイライト

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

「宮古島を陸自配備で標的の島にさせないための政府交渉」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    宮古島を陸自配備で標的の島にさせないための政府交渉 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/353490 … @iwakamiyasumi
    防衛省はあたかも無人島のごとく戦場想定し、地元の大反対にも一切耳を貸さず、有事リスクの説明責任も果たさない。この不条理を白日の下に晒そう、ふざけるな。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/812567085704351744

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です