緊急シンポジウム「辺野古裁判で、問われていること」 2016.2.28

記事公開日:2016.2.28取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年2月28日(日)、沖縄県那覇市の沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハにて、辺野古訴訟支援研究会主催により、緊急シンポジウム「辺野古裁判で、問われていること」が行われた。

■ハイライト

  • 開会挨拶 紙野健二氏(辺野古訴訟支援研究会代表、名古屋大学教授)
  • 知事挨拶 翁長雄志氏(沖縄県知事)
  • 報告 竹下勇夫氏(辺野古訴訟弁護団長、琉球法律事務所)「辺野古訴訟の現状について」
  • 基調講演 白藤博行氏(専修大学教授)「辺野古訴訟にみる憲法の原理と国家の論理」
  • 意見交換・質疑応答 ファシリテーター 本多滝夫氏(龍谷大学教授)
  • 総括と閉会挨拶

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です