FCCJ主催 沖縄・尖閣諸島の魚釣島、北小島、南小島を個人所有する地権者の実弟栗原弘行氏記者会見 2012.7.20

記事公開日:2012.7.20取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

( IWJ・遠田)

 2012年7月20日(金)、日本外国特派員協会で、FCCJ主催 栗原弘行氏記者会見が行われた。

■ハイライト

  • 会見者 沖縄・尖閣諸島の魚釣島、北小島、南小島を個人所有する地権者の実弟 栗原弘行氏
  • 日時 2012年7月20日(金)
  • 場所 日本外国特派員協会(東京都千代田区)

 栗原氏は政府の尖閣諸島国有化方針について「スタートラインは東京都への売却であり、最初の話を蹴飛ばして国や政府と交渉することは考えていない」と述べた。

 尖閣諸島めぐる対立から「戦争になるのでは」とする報道にも触れ、「国家と国家が言い争う状況を設定すればリスクは大きくなる。そういう観点から、国より都と交渉したほうがよいのではないか」とし、メディアに対して「戦争に持って行くような報道の仕方は控えてほしい」と話した。

 また、「自分が生きている間に次の世代に渡したいのではないか」と70歳を迎えた兄の気持ちを代弁。都との交渉については、「国とは2013年3月いっぱいまで賃貸契約があるので、これを過ぎた頃になるだろうが、なるべく早やくまとめたい」との考えを示した。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です