自民党総裁選挙 候補者所見発表演説会 2012.9.14

記事公開日:2012.9.14取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・富田)

 2012年9月14日、自民党総裁選の所見発表演説会が東京・永田町の自民党本部で行われた。安倍晋三元首相、石破茂前政調会長、町村信孝元官房長官、石原伸晃幹事長、林芳正政調会長代理の5人の候補が、この順番で外交・経済問題などに関する持論を披露。エネルギー政策では、原発再稼動を容認する考えも示された。

■イントロ

  • 日時 2012年9月14日(金)
  • 場所 自民党本部(東京都千代田区)

 安倍候補は冒頭で、5年前に突然の病気を理由に総理の職を辞したことを謝罪。「その後、どういう形で責任を取ればいいかずうっと思案し続けていたと」と明かすと、「身を挺して今のこの国難に立ち向かえ」との同志の声にこたえる形で、今回の立候補を決断したと話した。

 「日本の領土、領海、国民の命を断固として守る」と語気強めた。そして民主党政権の失策によって日米関係が揺らいでいると指摘。「米国の若い兵士が日本のために戦うということの意味を理解できなければ、同盟は維持できない」とし、日米関係の修復が急務との立場を強調した。

 また、集団的自衛権の行使を認めるよう憲法の解釈を変えることが必要だと力説。北朝鮮による拉致問題については、「国際的圧力をかけ裁判に持ち込むしかない」と発言した。高齢化が進む中での社会保障制度のあり方では、「できもしない給付を約束することは不可能」ときっぱり。「給付を確実なものにする強い経済を手に入れなければならない」と語った。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です