読売新聞東京本社が七つ森書館を「出版契約書無効確認」で提訴した件についての記者会見 2012.5.17

記事公開日:2012.5.17取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・原佑介)

 2012年5月17日(木)、外国人特派員協会で行われた、読売新聞東京本社が七つ森書館を「出版契約書無効確認」で提訴した件についての記者会見の模様。

■イントロ

  • 内容
    巨大メディア・読売新聞社が小出版社の株式会社七つ森書館を今年4月11日に提訴した件について
  • 発言者
    佐高信氏(「ノンフィクション・シリーズ“人間”」の監修者)
    清武英利氏(『会長はなぜ自殺したか──金融腐敗=呪縛の検証』読売社会部清武班)
    ※会場内同席 中里英章氏(株式会社七つ森書館 代表取締役)
  • 日時 2012年5月17日(木)
  • 場所 外国人特派員協会(東京都千代田区)

 読売新聞グループ本社の会長であり、主筆の渡邉恒雄氏を、「巨人軍の私物化は許せない」とし、コンプライアンス違反であると訴えた清武英利氏。清武氏は読売新聞社会部記者時代、大手証券会社や大銀行が総会屋と癒着していたという金融界のタブーに踏み込み、取材班を率いて精力的に取材を敢行。その記事は紙面で連載され、98年、「会長はなぜ自殺したか(新潮社)」というタイトルで書籍化。そして2011年5月、七つ森書館から、この書籍の復刻版が出版されるという契約が結ばれた。

 しかし、清武氏が、渡邉氏のコンプライアンス違反を告発した後、読売新聞社は、態度を一変。復刻出版の契約を解除するよう、七つ森書館に申し入れを行った。七つ森書館は、自社のHPで「補償はお金でする」と持ちかけられたとしている。(その額は300万円であったことを清武氏は会見で明らかにしている)。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です