岩上安身による元愛媛県警巡査部長仙波敏郎氏インタビュー 2010.11.6

記事公開日:2010.11.6 テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2010年11月6日、岩上安身は元愛媛県警巡査部長で、現在阿久根市の副市長・仙波敏郎(せんば としろう)氏にインタビューをした。

 仙波氏は、5年前に現職の警察官として初めて実名で警察の裏金を告発し、定年退職された後も、全国で講演を続けている。岩上は、警察の裏金の実態、裏金から派生する問題について話を聞いた。

インタビュー内容

  • Part1
    警察は100%裏金に汚染されていると断言する仙波氏。その根拠とは?
    現職警官が組織を告発することの難しさとは。
  • Part2
    組織ぐるみの裏金作りは、捜査力にどのような悪影響を及ぼしているか?
    Winnyで内部情報を流出させた警察官が懲戒免職されなかった理由とは。
  • Part3
    記者クラブと警察の癒着の構図。
    警察内部のセクハラ・犯罪と裏金の関係とは。
  • Part4
    人事異動・昇進と裏金の関係。
    実名で告発したことによる、組織の圧力はどんなものだったのか。
  • Part5
    検察はなぜ小沢一郎を目の敵にするのか。
    警察と検察の関係を、警察から見ると?
  • Part6
    組織的な裏金作りが冤罪も作る構造に。
    仙波氏が、群馬県警の大河原氏(※)を支える理由とは。
  • Part7
    告発し、裁判では勝ったけれども誰も刑事責任に問われていない現実。

以上、インタビューは、サポート会員のみの公開となります。

※群馬県警の裏金問題を究明する大河原宗平さんを支える会

(上記サイトより)

 今から14年前(1996年)、群馬県警幹部らによる〈裏金〉つくりに抗議した警部補(当時)大河原宗平さんは、県警による組織ぐるみの監視、いやがらせを受けつつも、警察官としての職務に精励し、県民の多くから感謝され、頼りにされて来ました。

 〈裏金〉にまつわる全国的な関心が高まる中、大河原さんは県警の仕組んだ「公務執行妨害」というありもしないでっちあげにより逮捕され、その翌月に懲戒免職処分を受けます(04年3月)。大河原さんは2008年10月に「懲戒処分の取り消し」を求めて前橋地裁に提訴、2009年10月には「大河原宗平さんを支える会」が発足します。

■関連記事

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

「岩上安身による元愛媛県警巡査部長仙波敏郎氏インタビュー」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    「警察官は、町のお巡りさんから上層部にいたるまで、100%全員が『裏金』で汚染されている」 岩上安身による仙波敏郎氏インタビュー http://iwj.co.jp/wj/open/archives/1373 … @iwakamiyasumi
    仙波敏郎氏は、現職の警察官として初めて実名で警察の裏金を告発。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/606931719627735040

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です