佐藤優氏記者会見~政治資金規正法違反罪で強制起訴された小沢一郎民主党元代表に対する東京地裁の無罪判決を受けて 2012.4.27

記事公開日:2012.4.27取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・原佑介)

 2012年4月27日(金)、自由報道協会 麹町報道会見場で行われた、佐藤優氏の記者会見の模様。

 佐藤氏は会見冒頭、小沢氏無罪に対し、各紙の社説が厳しい中、琉球新報社説《小沢判決/検察の「闇」が裁かれた 全面可視化しか道はない》は別の視点から書かれたものであるとして引用。数々の不祥事で、国民の検察に対する信頼が揺らいでいるだけでなく、今回も石川氏の隠し録音が、無罪判決に大きく影響したとされることからも、取り調べの全面可視化の必要性を主張。裁判で最も重要だったのは、田代検事の虚偽報告書をめぐる証人としての証言に対し、疑問を呈した「虚偽報告書を裁判所が認めた瞬間」であるとした。

 石川知裕氏にICレコーダーを持たせ、取り調べに行くよう促した佐藤氏。石川氏は「性に合わない、卑怯な真似はしなくない」と難色を示したが、先にルールを破ったのは検察側でり、これは「外交における相互主義」であると説得。佐藤氏曰く、「石川氏は田代検事が好きだった」。この感情は、逮捕された身として佐藤氏も気持ちがわかるという。同情的な取り調べを受ければ、検事に対し信頼関係のようなものが芽生え、点数を取らせてあげたくもなり、気持ちが検察に引っ張られた結果、事実にない自白もありうる。そんな自身を抑えるためにもICは有効であると主張する。

 また、無罪判決を受け、小沢氏に近い議員らが祝杯を上げていたという情報を得た佐藤氏は、「誰よりも最前線で問題に取り組んでいた石川知裕氏、松木謙公氏らはそういう場所に行かず、浮かれていない」とし、「判決要旨をちゃんと読んだのだろうか。(祝杯を上げていた議員らは)ズレている。こんなことでは民主主義は強化されない」と批判した。

■ハイライト

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です