岩上安身トークカフェ in名古屋 2010.6.19

記事公開日:2010.6.19取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・関根かんじ)

 2010年6月19日(土)15時より、名古屋・栄区で、岩上安身のトークカフェ in 名古屋が開催された。

■イントロ

 冒頭、主催者のスピーチと岩上氏のプロフィール紹介のあと、トークカフェが始まった。既存メディアの問題点に関連して、実例を挙げながら、自らが言論統制を受けていたことについて話した。「菅総理の就任会見で、官房機密費について質問したことだけが、翌日の新聞では削除されていた。恣意的な情報操作が現実にある。記者クラブの壁があつい。最近それがひどくなってきたこともあって、情報のあり方、知のあり方について知って欲しく、トークカフェの開催を思いたった」と語った。

 今回、発足した菅内閣は、どういう性質をもつ内閣なのかという話に移り、「2つの見方がある」としたうえで、「一種の『プロレス』ではないだろうか。反小沢として、小沢さんの影響を出来るだけ排除したと見せかけた選挙対策。かたや、オリジナル民主といった別の権力内閣だ、と二通り言われている。現在、消費税増税を出してきた。これは当初の民主党支持者の望んだことではない。いま、この景気のもとで施行することが、どれだけ危険か。消費税増税は、97〜98年、橋本内閣が5%にあげたときのダメージは計り知れない。国家財政の拡大均衡は、とても危険な道を歩む可能性がある」と話した。

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 550円 (会員以外)単品購入 55円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 55円」をもう一度クリック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です