日刊IWJガイド・ウィークエンド版「ロヒンギャ難民化問題に取り組む姿勢を示す一方で、国内の難民申請のハードルはさらに上げる日本政府の矛盾!昨年前半は8561人の難民申請者のうち、難民認定を受けたのはわずか3人!/【超緊急】現在、IWJではスタッフを緊急募集中!/『弱い者いじめ』を笑いながら、『おかみ』批判は一切なし!岩上安身による茂木健一郎氏インタビュー!/中東情勢に地政学的大激変!? 米国はもはや『覇権国家』ではない!岩上安身による東京大学名誉教授・板垣雄三氏インタビュー/『新興国が核兵器を持とうとする今、「予防薬」が必要だ』〜核兵器禁止条約でノーベル平和賞を受賞した『ICAN』の川崎哲氏に岩上安身がインタビュー!/検察・警察と詐欺師が『タッグ』で創り出した『美濃加茂市長』事件の全貌!『日本版・司法取引制度の導入で同じことが起きる』〜主任弁護人・郷原信郎弁護士に岩上安身が訊く!/これが『アメリカファースト』?米国市民の意識調査『イランの中のヒロシマ再訪』をIWJが仮抄訳!」2018.1.13日号~No.1947号~


■■■ 日刊IWJガイド・ウィークエンド版「ロヒンギャ難民化問題に取り組む姿勢を示す一方で、国内の難民申請のハードルはさらに上げる日本政府の矛盾!昨年前半は8561人の難民申請者のうち、難民認定を受けたのはわずか3人!/【超緊急】現在、IWJではスタッフを緊急募集中!/『弱い者いじめ』を笑いながら、『おかみ』批判は一切なし!岩上安身による茂木健一郎氏インタビュー!/中東情勢に地政学的大激変!? 米国はもはや『覇権国家』ではない!岩上安身による東京大学名誉教授・板垣雄三氏インタビュー/『新興国が核兵器を持とうとする今、「予防薬」が必要だ』〜核兵器禁止条約でノーベル平和賞を受賞した『ICAN』の川崎哲氏に岩上安身がインタビュー!/検察・警察と詐欺師が『タッグ』で創り出した『美濃加茂市長』事件の全貌!『日本版・司法取引制度の導入で同じことが起きる』〜主任弁護人・郷原信郎弁護士に岩上安身が訊く!/これが『アメリカファースト』?米国市民の意識調査『イランの中のヒロシマ再訪』をIWJが仮抄訳!」2018.1.13日号~No.1947号~ ■■■
(2018.1.13 8時00分)

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■<はじめに>ロヒンギャ難民化問題に取り組む姿勢を示す一方で、国内の難民申請のハードルはさらに上げる日本政府の矛盾!昨年前半は8561人の難民申請者のうち、難民認定を受けたのはわずか3人!/【超緊急】現在、IWJではスタッフを緊急募集中!(川上正晃)
┠■【中継番組表】
┠■<岩上さんによるインタビュー1週間総まとめ>
┠――【1】「弱い者いじめ」を笑いながら、「おかみ」批判は一切なし! 過剰に空気を読む日本の芸人は「忖度のエンジェル」、大物芸人は「衆愚の王」!? 岩上安身による茂木健一郎氏インタビュー!
┠――【2】中東情勢に地政学的大激変!? 米国はもはや「覇権国家」ではない! 極東と中東で同時に高まる戦争の脅威~岩上安身による東京大学名誉教授・板垣雄三氏インタビュー
┠――【3】「新興国が核兵器を持とうとする今、『予防薬』が必要だ」〜核兵器禁止条約でノーベル平和賞を受賞した「ICAN」の川崎哲氏に岩上安身がインタビュー!
┠――【4】検察・警察と詐欺師が「タッグ」で創り出した「美濃加茂市長」事件の全貌!「日本版・司法取引制度の導入で同じことが起きる」〜主任弁護人・郷原信郎弁護士に岩上安身が訊く!
┠■<IWJが報じた1週間総まとめ>
┠――【1】福島第一原発事故後の「メルトダウン」隠蔽は東電社長の指示だった! ~新潟県と東電の合同検証で「隠蔽に官邸は関与していない」ことが明らかに!説明を二転三転させた東電会見を検証!
┠――【2】小泉元総理が原発ゼロを訴え! テロで原発を狙われたら「日本国民に対する原爆を持っているようなもの! 安全保障を考えても原発は1日も早く止めた方がいい」~「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」発表記者会見
┠――【3】これが「アメリカファースト」? 「米国兵士2万人が助かるなら200万人の外国市民を核で殺戮しても構わない」〜米国市民の意識調査「イランの中のヒロシマ再訪」をIWJが仮抄訳!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□■□■□■□■□■□■□
<はじめに>ロヒンギャ難民化問題に取り組む姿勢を示す一方で、国内の難民申請のハードルはさらに上げる日本政府の矛盾!昨年前半は8561人の難民申請者のうち、難民認定を受けたのはわずか3人!/【超緊急】現在、IWJではスタッフを緊急募集中!
■□■□■□■□■□■□■□■□

 おはようございます。IWJスタッフの川上正晃です。

 河野太郎外相は昨日1月12日、ミャンマーの首都ネピドーでアウンサンスーチー国家顧問兼外相と初めての会談に臨みました。大勢のムスリム少数民族ロヒンギャが難民化している問題について懸念を伝達し、今後、ロヒンギャのミャンマー帰還に向けた新たな支援策を表明する見通しです。政府は昨日の閣議で、ロヒンギャ帰還のため約3億3000万円の緊急無償資金協力を決定しています。

※ロヒンギャ問題で深刻な懸念伝達 河野氏、スー・チー氏に(共同通信、2018年1月12日)

https://this.kiji.is/324405598917526625?c=39546741839462401

 政府がロヒンギャ帰還の支援に乗り出す一方で、法務省は昨日12日、厳格化した難民認定制度を15日以降の申請者から適用すると発表。就労目的の難民申請が急増し、本当に保護が必要な難民への対応に支障が出ているためだとしています。

※難民認定、来週から厳格化 初回申請で強制退去も、法務省(東京新聞、2018年1月12日)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018011201001029.html

 2017年1〜6月期に日本で難民認定を申請した外国人は8561人にのぼり、前年同期の5011人から1.7倍増加し、過去最多となりました。しかし、同期の難民認定数は、前年同期の4人から1人減って、わずか3人。こうした傾向について大手マスコミは、「偽装申請」や「正当でない理由による申請」であることを強調しています。

※1─6月の難民申請者1.7倍増の8561人と過去最多、認定3人=法務省(ロイター、2017年10月3日)

https://jp.reuters.com/article/japan-refugee-idJPKCN1C80RF

 「偽装申請」でなく、「正当な理由」のある申請者がわずかに3人しかおらず、残りの8558人が「偽装申請」や「正当でない理由による申請」だというのも実に疑わしいことですが、すでにこのような現状だというのに、さらに厳格化した難民認定制度を実施するということに、一体、何の意味があるのでしょうか?

 麻生太郎副総理が武装難民の「射殺」に言及していましたが、公的機関には麻生氏のような発想をもつ人が溢れているのでしょうか?岩上さんは麻生氏の射殺発言について、「難民を犯罪者扱いすること自体、難民条約に反し、問題だが、射殺とは何事なのだ」と強く批判しています。

※【岩上安身のツイ録】麻生発言「射殺を真剣に考えなければならない」は殺人の扇動であり、犯罪の教唆だ! 福岡8区は麻生氏を落選させるべき! 有権者の良識に期待する!! 2017.9.25

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/398882

 これまでは、「正当な理由」なく3回申請を繰り返した場合、在留期限後に強制退去手続きを取るなどの対応をしてきましたが、認定制度の厳格化により、初回申請時に同様の対応が可能となります。難民認定はおろか、難民申請さえも徹底的にハードルを上げようとしているのです。

 日本政府がロヒンギャの難民化問題に取り組むことは評価すべきことですが、その一方で、日本における難民受け入れにはとても冷ややかな態度をとるというのは、理解に苦しみます。

 また、スーチー氏はロヒンギャの問題に対して沈黙を貫き、スーチー氏が授賞したノーベル平和賞を撤回すべきだという署名運動が起こっているほど、スーチー氏のロヒンギャへの対応は厳しく非難されています。昨年12月21日には、国連のゼイド・ラアド・アル・フセイン人権高等弁務官が、ロヒンギャ迫害はジェノサイドの可能性があること、さらに、スーチー氏が裁判にかけられる可能性があることを指摘しているとの報道もありました。日本政府による3億3000万円の支援金がミャンマー政府によってどのように使われるのかは、国家顧問のスーチー氏の言動とともに、注視していく必要がありそうです。

※【ロヒンギャ危機】集団虐殺でスーチー氏は裁かれるか?(BBC、2017年12月21日)

http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-42436574

 IWJはロヒンギャに対する民族浄化問題について、検証レポートをまとめていますので、今一度ご覧ください。

※【IWJ検証レポート】「どの国家にも属さない最も虐げられてきたロヒンギャ」問題は軍事政権によって意図的に作られた!?「民族浄化」に対し世界中からアウンサンスーチー氏に対して非難の声!! 2017.9.15

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/398193

 河野外相はスーチー氏との会談で、ロヒンギャの帰還支援の表明の他に、北朝鮮対応についても話し合っています。ロヒンギャ問題の支援と引き換えに、北朝鮮への圧力を求めたのではないかと思われます。河野外相は15日にはカナダのバンクーバーに入り、16日に開催される北朝鮮問題をめぐる外相会合に出席する予定です。河野外相は「北朝鮮が核放棄するまで最大限の圧力をかける」と訴え、圧力路線での協力を得ようとしているようです。

※河野外相、圧力路線に協力要請へ 対北朝鮮会合(共同通信、2018年1月11日)

https://this.kiji.is/323993136479356001?c=39546741839462401

 日本政府は徹底して北朝鮮への圧力を強化する姿勢をアピールしていますが、北朝鮮問題、そして、米朝関係や核の問題など、どれほど真剣に考えているのでしょうか?米国に追従し続けたまま、万が一にも米朝開戦となってしまった場合、日本は北朝鮮の核攻撃の対象にもなりえます。しかも、米国は核兵器の役割を拡大させる方針をとり、そして米国市民は核使用に対する抵抗感が年々弱まる傾向にあるのですから、米国が核戦争の引き金を引く危険性はますます高まってきているのかもしれません。

 後段でも紹介しますが、岩上さんによる今週のインタビューは、核保有に固執する日本政府や、核戦争のリスクを高めている米国を取り巻く状況など、喫緊の問題をたくさん取り上げています。今週のインタビューと合わせて、以下のインタビューも、ぜひご覧ください!

※朝鮮戦争が再開すれば核ミサイルの標的は「主権なき緩衝国家=日本」!? 日米地位協定改定で占領状態に終止符を~岩上安身による『主権なき平和国家』共著者 伊勢崎賢治氏・布施祐仁氏インタビュー 2017.12.3

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406676

※朝鮮戦争再開の危機迫る!? しかし「中朝一体神話」はマスコミの作り上げた嘘! 中国では北朝鮮を敵に見据えた軍事演習も実施! 岩上安身による横浜市立大学名誉教授矢吹晋氏インタビュー 2017.12.8

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/407125

※【広告連動企画】日本人が知らない冷戦構造「朝鮮国連軍体制」の衝撃!在日米軍基地は朝鮮有事で「後方基地」に!『朝鮮戦争は、なぜ終わらないのか』著者・五味洋治氏に岩上安身が訊く! 2017.12.11

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/407374

 今年は年始から、金正恩朝鮮労働党委員長とトランプ米大統領が「核のボタン」の大きさを競い合い、米国が、オバマ政権の方針から180度転じて、核の役割を拡大させる方針を発表するなど、不穏なニュースが続いていますが、IWJは決してめげずに、大手マスコミが報じない真実を追求します。まだ有料会員にご登録いただいていない方は、どうか有料会員としてIWJの取材活動をご支援ください。よろしくお願いします。

※会員登録はこちらからよろしくお願いします。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 IWJの有料会員になれば、IWJのコンテンツをいつでも自由にご利用いただけるだけでなく、会員しか利用できない特典も様々ご利用いただけます。岩上さんがインタビューした識者の皆さまのサイン入り著書の購入も会員限定の特典のひとつです。昨日は、元東京地検特捜部の郷原信郎弁護士に岩上さんがインタビューをおこない、サイン入りのご著書を用意しました!ぜひお買い求めください!

※IWJ書店のご利用こちらから!

https://iwj.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=364

 また、IWJの活動資金の半分は、皆様からの毎月のご寄付・カンパによって支えられています。年が明けるとともに、残念なことにご寄付・カンパによるご支援がまた低調になってきました。今後とも、IWJが活動を続けていくことができるよう、継続的なご支援を何とぞよろしくお願いいたします!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願い致します。

http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 さらに、緊急のお知らせです!IWJでは現在、テキスト、中継・動画、事務の各部署で新規スタッフを募集中です。IWJの活動に共感されている方、日本のメディアの現状に危機感を抱いている方、昨今の閉塞した政治に風穴を開けたいと感じている方、その他にも様々な思いを抱きつつ、「自分も何か行動したい!」と考えている方。私たちと一緒にIWJのスタッフとして働きませんか?以下の業務の概要をお読みいただき、ご応募いただけましたら幸いです!

 テキストスタッフは、記者として、取材と記事の作成をおこなうほか、日刊ガイドの執筆と編集、インタビューに向けたリサーチとパワーポイントの作成など、編集者的な業務も担います。資料の読解力、文章力のある方のご応募をお待ちしております。

 テキスト班は、チームワーク作業で行う部署です。自分の書きたいことだけ、自分の興味あることだけ、好きなように調べたり、書いたりするのが仕事ではありませんし、チームで動く協調性、あるいは情報処理能力・事務処理能力の高さも必要です。ぜひ、そうした協調性のある人材をお待ちしています!

 中継・動画スタッフは、ムービー兼スチルカメラマンとして現場に駆けつけ取材をおこなった後、動画を編集するほか、記事を執筆することもあります。現在求めている人材は特に、動画編集においてエフェクトを効果的に使える人(岩上さんいわく「YouTuberのように!」)です。

 事務スタッフは、電話やメールでの外部の方との連絡、岩上さんのスケジュールを把握した上でインタビューのアポイントメント取り、講演や出張、各種イベントなどのスケジュール調整・準備などに加え、諸々発生する庶務的なこと、さらにIWJがおこなっている全国各地からの中継市民による動画配信のスケジュール管理なども担います。IWJでは事務・ハドル班と名づけている部署です。「ハドル」とは、アメフト用語でいう「作戦会議」で、IWJのスケジューリングの屋台骨となる、とても重要なお仕事です。

 大臣会見などは、大手メディアの記者クラブが仕切っているのが現実で、取材の申し込みをした後、記者クラブ側から返事が来るのが夕方から夜になるのも珍しくないため、ハドル班の業務は9時―5時で帰れる仕事ではありません。夜の8時、9時ころまで働ける方を募集しています。そのかわり、朝のスタートは11時頃と遅めです。また、逆に事務班は朝早目の出勤となります。

 いずれの職種も、チームで動き、かつ対外交渉を主な仕事とするため、協調性とコミュニケーション能力の高い方を募集しています。IWJのスタッフとなり「IWJの活動を内部から支える」というご支援・応援の形もあると思います。ご興味のある方は、ぜひ以下のフォームからご応募ください。

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.1.13 Sat.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・エリアCh2・大阪】14:00頃~「『辺野古 ゲート前の人びと』上映後の影山あさ子監督・藤本幸久監督トーク部分」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach2

 映画「辺野古ゲート前の人びと」上映後のトーク部分を中継します。
——————

【ツイキャス・IWJ_KYOTO1】15:00~「守田敏也さんによる市民交流ツアー報告会」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_kyoto1

 2017年夏、ドイツ・デーベルンで反核サマーキャンプに参加し、世界中からの参加者と交流をおこなったフリーライター・守田敏也氏による報告会を中継します。
——————

【IWJ重大ニュース振り返り再配信22(築地問題)・YouTube Live】17:00~「闇深き『2001年7月18日』をめぐり百条委員会で新事実発覚! 浜渦元副知事は責任を部下に押しつけ遁走!? 行政文書に偽り!? ~岩上安身が森山高至氏・水谷和子氏・中澤誠氏にインタビュー!(中編)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2017年4月収録の岩上安身による森山高至氏・水谷和子氏・中澤誠氏へのインタビューを再配信します。
[記事URL] http://iwj.co.jp/wj/open/archives/373444
——————

【IWJ重大ニュース振り返り再配信23(築地問題)・YouTube Live】21:00~「『豊洲の水は飲まないから安全』!? 橋下氏の詭弁に大反論! 『直接飲まない場合も84.2%の汚染地で除去工事を実施』 ~岩上安身が森山高至氏・水谷和子氏・中澤誠氏にインタビュー!(後編)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2017年4月収録の岩上安身による森山高至氏・水谷和子氏・中澤誠氏へのインタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/373449

============

◆中継番組表◆

**2018.1.14 Sun.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・エリアCh2・大阪】11:30~「立憲民主党大阪府連街頭演説会」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach2

 立憲民主党大阪府連による街頭演説会の模様を中継します。
——————-

【ツイキャス・エリアCh1・大阪】13:00~「立憲民主党大阪府連 キックオフ集会 ―登壇者:枝野幸男代表、森山浩行議員、辻元清美議員ほか」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach1

 立憲民主党大阪府連のキックオフ集会を中継します。内容は枝野幸男代表、森山浩行議員、辻元清美議員によるトークセッションなど。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

即時原発ゼロ! 核燃料サイクルからも撤退! 立憲民主党が通常国会に提出を目指す「原発ゼロ基本法案」について小泉元総理が顧問を務める「原自連」と意見交換~立憲民主党 第2回エネルギー調査会

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/409281

中東情勢に地政学的大激変!? 米国はもはや「覇権国家」ではない! 極東と中東で同時に高まる戦争の脅威~岩上安身による東京大学名誉教授・板垣雄三氏インタビュー(前編)

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/409190

「軽はずみな核保有論は日本の信用を傷つける」〜核の禁止は核廃絶への大きな第一歩!核兵器禁止条約でノーベル平和賞を受賞した「ICAN」の川崎哲氏に岩上安身がインタビュー!

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/409354

「本年は、1号機のガレキと排気筒撤去、2号機原子炉格納容器の内部調査、3号機の燃料取り出しと廃炉作業の進捗が目に見えるようになる!」と自負しつつも記者からの質問には歯切れの悪い回答に終始!?――東京電力定例会見 2018.1.11

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/409352

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 それでは今日も1日、よろしくお願いします!

※日刊IWJガイドのフルバージョンはこちらから

http://iwj.co.jp/wj/member.old/nikkan-20180113

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/