日刊IWJガイド・番組表「本日午前10時から! 伊藤詩織さん出席『準強姦事件逮捕状執行停止問題を検証する会』をCh4で中継! 元TBS記者・山口敬之氏に損害賠償を求める民事訴訟スタート!/前川喜平前・文科事務時間に3時間超えのインタビュー!『メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている』独裁国家に近づいていると危機感をあらわに!」2017.12.6号~No.1909号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「本日午前10時から! 伊藤詩織さん出席『準強姦事件逮捕状執行停止問題を検証する会』をCh4で中継! 元TBS記者・山口敬之氏に損害賠償を求める民事訴訟スタート!/前川喜平前・文科事務時間に3時間超えのインタビュー!『メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている』独裁国家に近づいていると危機感をあらわに!」2017.12.6号~No.1909号~ ■■■
(2017.12.6 8時00分)

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■<はじめに>本日午前10時から! 伊藤詩織さん出席「準強姦事件逮捕状執行停止問題を検証する会」をCh4で中継!元TBS記者・山口敬之氏に損害賠償を求める民事訴訟がスタート! 逮捕執行停止をしたのは中村元刑事部長であることを国会で初めて認めるも喚問は拒否! IWJ設立7周年記念ファンドレイジング・トークイベント本日お昼12時から応募受け付けを再開します!(ぎぎまき)
┠■【中継番組表】
┠■<ニュース・フラッシュ!>(尾内達也・澤理恵)
┠――【1】中東和平に新たな火種! トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と承認!? 第3次インティファーダ(反イスラエル蜂起)勃発の可能性も!
┠――【2】立憲民主党と連合の神津里季生会長が初の会談~6野党の連携を重視する立憲民主党と他野党の思惑は!?
┠――【3】北朝鮮問題、河野外相は対話に期待~「朝鮮国連軍」会合への参加拒否!
┠――<昨日の岩上安身のインタビュー報告>「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」〜加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー! 「独裁国家に近づいている」と危機感をあらわに!(原佑介)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□■□■□■□■□■□■□
<はじめに>本日午前10時から! 伊藤詩織さん出席「準強姦事件逮捕状執行停止問題を検証する会」をCh4で中継!元TBS記者・山口敬之氏に損害賠償を求める民事訴訟がスタート! 逮捕執行停止をしたのは中村元刑事部長であることを国会で初めて認めるも喚問は拒否! IWJ設立7周年記念ファンドレイジング・トークイベント本日お昼12時から応募受け付けを再開します!
■□■□■□■□■□■□■□■□

 おはようございます。IWJのぎぎまきです。

 昨日5日、岩上さんは前・文科事務次官の前川喜平氏に3時間以上におよぶインタビューを行い、多くの方々にご視聴いただきました。ありがとうございます。これまで数々のメディアに登場し、注目されてきた前川氏ですが、編集のない生中継のロングインタビューでは、これまで以上に前川氏の考え方や人柄などが伝わったのではないでしょうか。仏教や教育、加計問題疑惑や防衛などテーマも多岐にわたりました。インタビューの詳細については後段でご報告していますので、是非、最後までご一読ください。

 さて、前川氏のインタビューでも言及された山口敬之・元TBSワシントン支局長による伊藤詩織さんへの準強姦罪疑惑が、今、「モリ・カケ」疑惑に次ぐ「隠蔽3セット」の一つとして、国会で高い注目を集め始めています。先日2日にお届けした本ガイドでも、希望の党の柚木道義衆院議員の法務委員会での質疑を詳しくお伝えしました。

・日刊IWJガイド・ウィークエンド版 2017.12.2日号

http://iwj.co.jp/info/whatsnew/post/33453

 刑事訴訟では東京地検が「不起訴処分」とし、今年9月、検察審査会も「不起訴相当」と議決したこの事件。山口氏の不起訴処分が確定しましたが、昨日5日からは争いの場が民事に移され、山口氏に1100万円の損害賠償を求める裁判の第一回口頭弁論が開かれました。詩織さんは弁論後、記者団に対し「民事裁判を通して、様々な証言や証拠が明らかになる。お互いの考えをきちんと、公の場で、フェアな形で話し合えれば」とコメントしています。

・元TBS記者側、争う姿勢 伊藤詩織さん民事訴訟(朝日新聞、2017年12月5日)

http://digital.asahi.com/articles/ASKD546XSKD5UTIL027.html

 そして昨日は、柚木議員が再び衆院法務委員会で上川陽子法務大臣や警察庁を追及しました。山口氏への逮捕状不執行が指示された当時も法務相を努めていた上川大臣ですが、柚木議員の質問に対しては「個別の案件については答弁は差し控える」と終始、答弁を拒否。

 それだけではなく、柚木議員が使用を求めた資料パネルの提示も与党は拒否、逮捕状を取り下げた中村格氏の喚問も拒否するなど、「モリ・カケ」疑惑同様、野党の追及を徹底的に避け続ける姿勢が昨日の国会でもあからさまでした。唯一、柚木議員の質問に対し答弁した警察庁長官官房審議官により、国会で初めて中村氏によって逮捕状が取り下げられたことが公式に認められました。

※希望の党・柚木道義議員による山口敬之氏の準強姦疑惑追及で国会が騒然! 中村格元警視庁刑事部長や小此木八郎国家公安委員長は出席を拒否! 山口氏の著書やパネルの持ち込みにも規制が! 2017.12.6

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406934

・衆議院インターネット(法務委員会)柚木道義(希望の党・無所属クラブ)

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=47642&media_type=wb

 「国会で議論を重ね続けることが、社会の意識を一歩でも二歩でも変えていくことにつながるはず」「個別の事件にはお答えできないと木で鼻をくくったような答弁が予想されるが、追及の手を緩めないでほしい」

 ツイッターでこう発言したのは、東京新聞の望月衣塑子記者です。望月記者は誰よりも早く、この問題で政府を追及した一人。菅義偉官房長官会見でしつこく、しぶとく質問する様子については、岩上さんのインタビューの中でも詳しくお話されていますので、前川氏への熱い思いも同時に語っているこちらのインタビューを改めてご覧ください。

※「前川氏や詩織さんの思いを直接ぶつけたかった」 菅官房長官を厳しく追及し内部文書の「再調査」を実現!岩上安身による東京新聞記者・望月衣塑子氏インタビュー 2017.6.16

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/383824

・望月衣塑子氏のツイート(2017年12月5日)

https://twitter.com/ISOKO_MOCHIZUKI/status/937851876527112192

 柚木議員が国会で追及しているちょうどその頃、山口氏に関する重大な疑惑が速報として伝えられました。

 東京地検は5日、スーパーコンピューターの開発を行うベンチャー企業「PEZY Computing(ペジーコンピューティング)」の社長・斉藤元章容疑者ら2人を逮捕。国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から助成金を得る際に、事業費を水増しして約4億円を騙し取った疑いがもたれているようです。

 実は同社の斉藤社長といえば、今年6月、週刊新潮が元TBS記者の山口氏との関係を報じた人物。2人は山口氏がTBSにいる頃からの付き合いで、昨年5月TBS退社後はベンチャー企業の「顧問のようなポジションを用意されたと聞いている」とする証言を紹介し、永田町にあるザ・キャピトルホテル東急にある平均約130万円の賃貸フロアの一室が山口氏に提供されているという関係を報じています。

 ちなみに斉藤社長は今月11日放送のNHK番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」に「スーパーコンピューター開発者」として登場する予定でした。今後、山口氏と関係のある斉藤社長の水増し請求疑惑が司法の場でどう扱われるのか。山口氏の準強姦罪疑惑に世論が注目するきっかけとなるのか、ぜひ、今後の展開に注目したいと思います。

・女性が顔出し告発、元TBS記者の“家賃130万円”金満レジデンスライフ(週刊新潮、2017年6月15日)

https://www.dailyshincho.jp/article/2017/06071659/?all=1

・「プロフェッショナル」に逮捕の社長 NHK放送見送り(2017年12月5日、朝日新聞)

http://digital.asahi.com/articles/ASKD541B0KD5UTFL00N.html

 11月21日に国会では、詩織さんへの準強姦罪疑惑問題を検証する超党派の会が発足しています。IWJはこれまで2度行われたヒアリングについて取材記事を掲載し、本日も午前10時から行われる第3回会合を中継予定。伊藤詩織さん本人も出席予定なので、是非、こちらもご注目ください!

★【Ch4】超党派で「準強姦事件逮捕状執行停止問題」を検証する会 第3回
[日時] 2017年12月6日(水)10:00~
[視聴URL]http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

※伊藤詩織さんの準強姦罪事件問題を検証するため、野党で「超党派の会」発足!「刑事部長による逮捕状執行停止」の真相を徹底追及!警察庁・法務省「個別案件のため」と明確に回答せず 2017.11.21

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/405943

 なお、この「超党派の会」のヒアリングの様子は別途文字起こし記事化いたしました。こちらもぜひお読みになってください!

※安倍総理の太鼓持ちジャーナリスト・山口敬之氏による伊藤詩織さんレイプ疑惑 なぜ逮捕状は中村格刑事部長によって止められたのか――? 超党派の国会議員が警察庁・法務省を徹底追及! 2017.12.6

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406908

※伊藤詩織さん「準強姦事件 逮捕状執行停止問題」――「逮捕した以上起訴しなければ人権問題になったりする」との警察庁・宮島広成理事官の釈明に「そんなの山ほどあるじゃない!」福島みずほ議員が喝破~警察庁・法務省・検審ヒアリング 2017.11.27

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406374

 12月23日(土・祝日)に開催する「IWJ設立7周年記念ファンドレイジング・トークイベント」の第一次募集では、お陰様で沢山の方から参加応募をいただきました! ありがとうございます。

 先週3日(土)の本ガイドでお伝えした通り、想像以上の早さで予定していた席が埋まったため、一度、応募フォームを閉じる措置を取らせていただきました。そして昨日、スタッフが改めて会場の広さを確認したところ、ゲストによるトークおよび交流会ともにあと15名様分のお席をなんとか追加できることがわかりました。

 本日お昼12時から、ふたたび応募フォームを再開しますので、参加ご希望の方は是非、お早目のお申込みをお願いいたします!

※12/23(土)IWJファンドレイジング・トークイベント ご予約受付フォーム

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdRLd-ympg9IrYm5jQ_gmKTFIOIz06wfiei1lBTbs-KOo6Yew/viewform?usp=sf_link

 イベントには、IWJにゆかりのあるゲストの方々にご登場いただきます。交流会では、岩上さんやゲストの方々も参加します。日頃からご支援いただいている皆様と交流を深めることができればと考えております。なお、参加費はカンパ・ご寄付分を含めた料金設定となっています。何卒ご了承ください。

==========
☆ゲストによるトーク 15,000円(ワンドリンク込)
☆交流パーティー 10,000円(フリードリンク・食事込)
☆どちらも参加 25,000円
==========

 現在参加を予定されているゲストの方々は下記の通りです。

==========
◆参加ゲスト:
山本太郎氏(自由党共同代表、参議院議員)
伊勢崎賢治氏(東京外国語大学教授、ジャズトランペッター)
関良基氏(『赤松小三郎ともう一つの明治維新 テロに葬られた立憲主義の夢』著者、拓殖大学政経学部准教授)
矢吹晋氏(横浜市立大学名誉教授)
黒川敦彦氏(「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表、衆院選山口4区元立候補者)
植草一秀氏(政治経済学者)
望月衣塑子氏(東京新聞記者)
古賀茂明氏(元経産官僚)
浅野健一氏(元共同通信記者・同志社大学大学院教授=大阪高裁で地位確認訴訟中)
伊波洋一氏(参議院議員)

==========
※あくまで予定ですので、変更の可能性がございます。

 そして、IWJに寄付を寄せてくださった方々から励ましのメールが届いていますので、今日はそちらもご紹介させていただきます!

=======================

■大手メディアが政権の意向に沿って、日々政府広報としての姿を露呈し、その腐臭に耐えがたい思いでおります。そんな日本の中で、IWJの孤軍奮闘ぶりに涙の出る思いです。連日、岩上さんならではのインタビューを視聴し、なんとかもっと多くの人にこの内容を知らせたい、見てもらいたいと思い、リンクをツイートしております。

 昨日の植草さんのお話も前半後半とも、さすが植草さんと唸らせる内容でした。またの機会を期待しております。さて、ほんのわずかですがカンパさせていただきました。河合弁護士の言葉ではありませんが、「勝つまでやる」しかありませんね。岩上さん、スタッフの皆さん、しっかり食事して、体調を崩さないよう、くれぐれもご自愛くださいませ。(匿名希望)

■IWJほど信頼できるメディアはありません。感謝しています。少額でお恥ずかしいですが、お弁当の足しにでもと何度か寄付させて戴いています。しかし少額だけに、これからも時々応援できると思います。(匿名希望)

■いつも貴重な番組を配信して頂きありがとうございます。感謝申し上げます。本日も畠山理仁様へのインタビュー番組を拝見いたしました。立花孝志様のゲスト出演と言うサプライズもあり大変盛り上がった印象深い番組でありました。

 想えば広告収入の排除を目指した紙媒体の雄である「週刊金曜日」の創刊趣旨とIWJ様が目指されているものとの共通点に強いシンパシーを感じております。また、岩上さんから畠山様へのメッセージからは、鎌田慧さんのルポ「自動車絶望工場」を、立花孝志さんのキャッチフレーズからは本多勝一さんの「NHK受信料拒否の論理」が思い浮かびました。風雪にも劣化せずアップデートされた今日的テーマ達に是非引き続きスポットライトを向けていただきます様お願いいたします。(匿名希望)

■IWJの報道理念がすばらしい。その理念に基づいて積極的な活動を続けておられる岩上代表とスタッフの方々に敬意を表します。(匿名希望)

=======================

 ご寄付を寄せていただいた皆様、本当にありがとうございます。先日、岩上さんからもツイッターでIWJの財政難を乗り切るためのご支援を呼びかけましたが、こうした皆様からの応援メッセージは岩上さんを始め、私たちスタッフ一同にとって大変励みになります。IWJは「広告収入の排除」を掲げているわけではなく、広告は大歓迎なのですが、なかなか入ってきません(涙)。

 IWJの活動費は皆様からの会員費とご寄付・カンパで成り立っています。どうぞ、引き続きのご寄付・カンパでIWJをお支えください!

※【岩上安身のツイ録】核戦争の危機が迫っている時に国営放送が相撲取りの喧嘩でニュースのトップを潰すような時代、「IWJが必要だ」という方、「岩上安身が倒れた後は私が背負う」という方、財政難のIWJにどうぞお力を貸してください!!
2017.12.4

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406767

※ご寄付・カンパのご支援はこちらから。

http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 また、12月3日時点でIWJの会員数は5911人。まずは6000人という高い壁を越えられるよう、会員にご登録いただいていない方は、ぜひ、この機会に会員にご登録いただきIWJをお支えいただければと思います!

※会員登録はこちらから。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2017.12.6 Wed.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch4】10:00~「超党派で『準強姦事件逮捕状執行停止問題』を検証する会 第3回」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 超党派で「準強姦事件逮捕状執行停止問題」を検証する会を中継します。内容は、ジャーナリスト伊藤詩織さんとの意見交換会、警察庁・法務省・最高裁(検審)からヒアリング。
——————-

【Ch3】14:30~「原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=3

 原子力規制委員会 更田豊志委員長による記者会見を中継します。
——————-

【Ch5】15:00~「民進党 森友学園・加計学園疑惑調査チーム会合」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 民進党 森友学園・加計学園疑惑調査チーム会合を中継します。内容は、28日の会合において、関係省庁に求めた事項に対する回答。
——————-

【録画配信・Ch4】18:00~「1人1票裁判・東京高裁弁論期日後の記者会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 12月5日収録。衆院289小選挙区の1人1票裁判・高裁弁論期日後の記者会見を録画配信します。

============

◆中継番組表◆

**2017.12.7 Thu.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」〜加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感!

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406799

希望の党「ニセ排除リスト」は官邸が流した?小池・前原両氏の「深夜の密談」に立ち会った当事者が「『排除発言』は私が進言した」と真相を激白!NO BORDER・上杉隆代表インタビュー

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406760

朝鮮戦争が再開すれば戦場は「主権なき緩衝国家=日本」!? 日米地位協定改定で占領状態に終止符を~岩上安身による『主権なき平和国家』共著者 伊勢崎賢治氏・布施祐仁氏インタビュー

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406676

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■□■□■□■□■□■□■□■□
<昨日の岩上安身のインタビュー報告>「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」〜加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感をあらわに!
■□■□■□■□■□■□■□■□

 「『時代に強ひられ率ひられて奴隷のやうに忍従することを欲するか』という言葉は胸に刻んでいました。面従しつつ精神の自由を保ち、チャンスがくれば力を発揮する、現役時代はそう考えていました」

 加計学園の獣医学部新設が「総理のご意向」であったと告発した前川喜平・前文科事務次官に昨日、岩上さんが3時間超にわたるロングインタビューを行いました。冒頭、「宮沢賢治の詩や物語は小学生の頃から親しんでいた」と話した前川さんは、『生徒諸君に寄せる』の一節を紹介。前川氏の良心と正義感の源泉に触れた気がしました。

 安倍政権の支持率は今年7月、一時的に3割を切り、都知事選では歴史的な大敗を喫しましたが、ここまで政権を追い詰めた「キーマン」こそが前川氏だったことは疑いようがありません。それは、現役時代に「面従腹背」で堪え忍び、官僚のトップにまで上り詰めながらも精神の自由を守り抜いた前川さんだからこそできた芸当だったのだと、今では妙に合点がいきます。

 宮沢賢治がそうだったように、前川さんも仏教に強い影響を受けたそうです。実家の書棚にズラリと仏教関連の本が並んでいたという前川さんは、「『安心立命』(あんじんりゅうみょう)と言いますが、自分の中を空っぽにすると、執着しないようになる。こだわらない、とらわれないことで、大概のことは平気になる」とサラリと言ってのけます。

 さらに、現役時代のPCのデスクトップ画像をゲバラにしていたという逸話や、政府の中枢にいながらアナーキストであったこと、小学校時、大学時に不登校を経験したという話にも言及。祖父母にまで遡った家庭環境も含め、前川さんの人間形成のルーツに1時間以上を費やして迫りました。これは同じく仏教に強い関心を寄せてきた岩上さんだからこそ引き出せた話であって、講演や会見では、まずここまで深堀りできません。そういう意味でも超特別なインタビューとなっています。

 インタビューでは当然、モリ・カケ問題についてもお聞きしました。先月ついに認可された加計学園の獣医学部について、前川さんは「認可させるとは思っていましたが、大学行政に汚点を残したと思います」と断じ、「総理自身の意思表示があったと考えざるを得ない」と改めて強調します。

 前川さんは、安倍内閣の中でも推進派と慎重派がいて、その綱引きがあったという内情までお話くださいました。未だに疑惑が微塵も晴れない加計問題を改めて整理するうえでも、これ以上なくポイントを抑えた決定版ともいえる内容となりました。

 前川さんに対しては、菅官房長官が「地位に恋々としがみついた人物だ」と中傷し、読売新聞が「出会い系バー報道」で援護射撃を放つという、政府とメディアが一体となった個人攻撃が行われましたが、これについて前川さんは「人格を貶すことで私の証言の信憑性を落とそうとしたわけで、よっぽど私に話してもらっては困ると考えたのだと思います」と政府の「焦り」を指摘。読売新聞についても辛辣に批判しました。

 「メディアは権力と主権者をつなぐ『媒体』で、メディアが機能しないと政府が何をやっているかわからない。わからなければ政府を正すことができない。メディアの役割は民主主義にとって大事。特に読売はメディアという名に値しない、政府の『プロパガンダ機関』と言ってもいい」

 3時間半という時間をかけても話は尽きず、続きは次回に持ち越しとなりました。今回、「北朝鮮危機」についても触れましたが、続きは戦争遂行体制を整えつつある安倍政権の思惑と、その思想の土台である「自民党改憲草案」の危険性を主なテーマに据える予定です。ぜひ、ご期待ください。また、昨日のインタビューを見逃した方は、ぜひアーカイブをご覧ください!

 あわせてIWJ書店でも、前川さんのサイン入りのご著書「これからの日本、これからの教育」(http://amzn.to/2BNcLpQ)の販売を開始させていただきましたが、こちらは早々の完売の可能性もございます。あらかじめご了承ください。

※「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」〜加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感!

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406799

※【前川喜平さんサイン入り】これからの日本、これからの教育

https://iwj.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=354

 それでは今日も一日、IWJをよろしくお願いいたします!

※日刊IWJガイドのフルバージョンは下記URLより御覧ください。

http://iwj.co.jp/wj/member.old/nikkan-20171206

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/