小沢一郎氏記者会見 2011.2.10

記事公開日:2011.2.10取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年2月10日、都内記者会見場。自由報道協会(仮)主催による小沢一郎氏の2度目の記者会見の模様。夕方5時、離党を求める菅総理との会談を終えたばかりの小沢一郎氏が入場。激しくたかれるフラッシュ。会見をアテンドした上杉隆氏が司会をつとめる。司会アシスタントは週刊朝日Ust劇場のキャスター成瀬久美さん。

====================================
 イ ン タ ビ ュ ー テ キ ス ト
====================================

上杉「お待たせしました。時間もないので、早速、小沢一郎衆議院議員の記者会見を始めたいと思います。フラッシュの方は冒頭1分間で、終了してください。

 ちょうど、同じ時間帯に、官房長官の初の一部オープン化会見、そして岡田幹事長の会見も同時刻にやっているということで、党のトップに近い人が同じ時間にぶつけて来たのか、ぶつけられたのかわかりませんが、こちらの会見は、まあ日本で最強の一兵卒の会見ということでやりたいと思います。

 そこでまず、冒頭わたしの方から2、3、質問をさせていただきまして、その後、挙手のうえ、皆さんの方から質問を受けます。まず、最強の一兵卒として、先ほど菅総理と会談をされたということなんですが、ずっと取材してる立場からすると、きっと09年マニフェストについて、何らかの形でお話されたんじゃないかという期待があるんですが、小沢さん、その辺り、どうだったんでしょうか」

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です