2013/04/08 副作用のあるワクチン、見解示さず~子宮頸がん検診施策評価委員による記者会見  

記事公開日:2013.4.8
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 子宮頸がんワクチン

 4月8日14時から、全国主要都市の子宮頸がん予防対策実態調査評価が初めて発表された。厚生労働省で行われた記者会見でのNPO法人子宮頸がんを考える市民の会らによる説明では、副反応が問題視されているヒトパピローマウイルスワクチン(以下HPVワクチン)について、任意接種の自治体があったため、今回は評価対象にしておらず、検診のみの評価であるとした。

 評価委員による今回の報告では、先進諸国の平均70%程度の検診受診率と比較すると、日本の検診率は30%未満と低い水準であることから、特に20~30代の検診率を高めるために各自治体へ呼びかけ、早期予防対策を図りたいとの姿勢を強調した。質疑では、HPVワクチンの副反応についての質問が相次いだが、今回の発表の主旨とは異なること、委員でも統一の見解に至らずコンセンサスがとれていないことを理由にコメントを避け、副反応を懸念して接種を止めるべきか否かについても見解を示すことはなかった。
【IWJ・安斎さや香】

■概要
 1.子宮頸がん予防対策実態調査実施に関する経緯説明
 2.何故、子宮頸がんが他のがんより優先されるのか?
 3.調査結果・評価結果発表など

■関連記事
2013/04/08 「なぜこんなワクチンを接種させるのか」接種中止を求める訴え/全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会による記者会見

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です