森友学園問題が照らしだす日本会議と憲法・教育(大阪市) ―講師 上杉聰氏(日本の戦争責任資料センター事務局長、関西大学文学部講師) 2017.6.10

記事公開日:2017.6.10取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年6月10日(土)14時より、大阪市此花区のクレオ大阪西で「新聞うずみ火」主催の講演会「森友学園問題が照らしだす日本会議と憲法・教育」が開かれた。いち早く「日本会議」の動向に注目し、『日本会議とは何か ―「憲法改正」に突き進むカルト集団』(合同出版)を著した上杉聰氏が講演を行った。

■ハイライト

  • 講演 上杉聰氏(日本の戦争責任資料センター事務局長、関西大学文学部講師)
  • タイトル 森友学園問題が照らしだす日本会議と憲法・教育 ―講師 上杉聰氏(日本の戦争責任資料センター事務局長、関西大学文学部講師)
  • 日時 2017年6月10日(土)14:00〜
  • 場所 クレオ大阪西(大阪市此花区)
  • 主催 新聞うずみ火詳細、Facebook)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です