【国会ハイライト】「ゴー宣道場」も「組織的犯罪集団」に!? 漫画家・小林よしのり氏が共謀罪に警鐘!「物言う市民」を守ることが民主主義の要諦!「わしが権力に従順になることはない!」 2017.5.6

記事公開日:2017.5.6 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(原佑介)

 「権力に対して、わしは従順になることはない。公のためならば闘う」――。

 政府の曖昧な答弁が続き、一向に議論も深まらないまま早ければ5月中旬にも衆院を通過するとみられている「共謀罪法案」(テロ等準備罪)。2017年4月25日には衆議院法務委員会で参考人質疑が行われ、『おぼっちゃまくん』や『ゴーマニズム宣言』の作者である漫画家・小林よしのり氏が民進党推薦の参考人として意見陳述した。

▲衆院法務委員会で意見陳述した漫画家・小林よしのり氏

 かつて漫画でオウム真理教を批判したことで信者から命を狙われたこともある小林氏だが、政府が共謀罪法案を「テロ対策のために必要」だと強調している点について、「日本国内のテロなどはオウムが最大のもので、(今後)果たしてどれほどのものができるかわからない」と疑問視した。

 そのうえで、「共謀罪の非常に危険なところは、『物言う市民』が萎縮してしまい、民主主義が健全に成り立たなくなることだ」と指摘し、「権力と闘う『物言う市民』を守ること自体が民主主義だ」と主張する。共謀罪が乱用され、市民運動の弾圧にもつながると危惧する声も多い中、小林氏は陳述で、権力が公の利益に反する行動をとったときは「保守として公のために闘う」と宣言した。

 市民ばかりが対象になることは法案の構成からもはっきりうかがえる。この日、小林氏とともに共産党推薦の参考人として意見陳述した京大大学院・高山佳奈子教授は、共謀罪法案の処罰対象から公権力者による犯罪や企業による経済犯罪が多く除外されていること意見陳述で詳しく指摘している。

 さらに4月30日に行ったIWJ代表・岩上安身によるインタビューで高山教授は、「相続税法」も共謀罪適用対象から除外されていることも明らかにし、権力者や富裕層以外の一般市民ばかりが狙い撃ちになると喝破している。

 以下、表現者として独自の視点から共謀罪法案危険性を論じた小林よしのり氏の意見陳述部分を全文文字起こしで掲載する。また、5月15日19時30分から、岩上安身が小林よしのり氏に「共謀罪法案」をテーマに単独インタビューを行う。5月中旬といえば、同法案の衆院通過が非常に危ぶまれる時期である。ぜひ、拡散のうえでご視聴いただきたい。

※【岩上安身による小林よしのり氏インタビュー・YouTubeLive視聴URL】
 https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

記事目次

漫画の中で「表現」したことでオウム信者に「暗殺」されかけた小林よしのり氏!

小林よしのり氏「おはようございます。今日は共謀罪を考えるにあたって、ふたつの事案を、直接体験したことがありますので、その話をさせていただきたいと思います。

 ひとつはですね、1994年、坂本弁護士一家の事件(※)が迷宮入りしていたときに、『ゴーマニズム宣言』という漫画で、わしはこれに対する推理を描きました(※)。それは、限りなくこれはオウム真理教の犯罪ではないかというようなことを匂わせるような漫画を描きましたので、オウム真理教のほうからたちまち抗議がやってきました。

※1989年11月4日に当時のオウム真理教の幹部6人が、オウム真理教問題に取り組んでいた坂本堤(つつみ)弁護士と家族の3人を殺害した事件。遺体が容疑者によって隠匿され、神奈川県警察も「事件性なし」として捜査を行わなかったため、1995年に実行犯が自供し、遺体が発見されるまでは失踪事件として扱われた。

※小林よしのり氏は『ゴーマニズム宣言』第125章「拉致――最低最悪の抗議手段」で、坂本弁護士宅を訪問し、現場の状況から「洗脳ならば自信がある集団」が坂本一家を連れ去ったとする推理を展開し、漫画で描いたが、オウム信者による犯行かについては作品内で断定せず、むしろ「決めつけはいかんよ」と保留していた。

 (オウム真理教の信者らと)何度も交渉いたしまして、そのたびにわしは謝罪をはねつけました。そうすると、オウム真理教が名誉毀損で裁判に訴えてきまして、それから裁判闘争になりました。

 で、それと同時に実は、これは後からわかったことなんですけれども、麻原彰晃のほうから『小林よしのりを暗殺せよ』という指令が出まして、それでVXガスを持った暗殺団が常にわしを尾行するという状態になってしまいました。

 それで一件、わしは明確に察知したものは、ひとつは、わしの仕事場のマンションの下に、山形明とかという元自衛隊の(オウム)信者がVXガスを持って待っているという状態になりまして、わし、最後にひとり、仕事場に残っていたんですけれども、先に帰ったスタッフの方から電話があって、『下に怪しいやつがずっと待っていると。これは危ないぞ、だから今帰るのはよせ、出ていくな』というようなことを言われて、それで実際、スタッフがその山形というのに声をかけて、撃退してしまいました。

 それ以外には、わしは書店でちょっと立ち読みしていたら、その書店の外側にずっとわしを見ている男がおりまして、『何でわしを見ているのだろう?』というふうに思って、外に出て歩いていくと、ずっと尾行してきましたので、市場の中に逃げ込んで、ぐるぐる回りながら、それでぱっと外に出て、タクシーを拾って逃げていったりとか、そういうこともやりました。

 一番危険だったのは、喫茶店に入ったときに、わしと秘書で入って話していたんですけれども、そのあとで、後ろに信者たちが5〜6人、真後ろの席に座ってしまってですね、その喫茶店の中はガラガラなのに、真後ろに座ったものだから、正面に座っている秘書が、あまりにも不気味だ、薄汚れた服を着た男たちの集団5人がわしの後ろに座っている、ということで、ずっと睨みつけていたんですね、その信者たちを。それで、結局、犯行に及ぶことができなかったんですよ。それで、結局、彼らは喫茶店から立ち去っていきました。

 それは認知されたもので、他にも尾行されたりとかしていたのかもしれません。非常にその点、危うかったので、でも何か、何者かはわからないわけですよ、ただ尾行されているということだけを常に察知しているという状態ですから。

 そのときに、(東京世田谷区の)玉川警察署のほうに行って、『怪しいやつがずっと尾行するから、これを何とかしてくれ』というふうに頼みました。すると、全然請け合ってくれない。

 それで、わしは当時、小沢一郎さんと対談をした雑誌を持っていたので、それを見せびらかしてですね、『ちょっと聞いてくれぬか、わしはこういう知り合いもいる』みたいなことを言ったら、そうしたら個室のほうに通されまして、それで上の人たちが出てきまして、話を聞いてくれました。

 けれども最終的には、『あなたのところに、玄関の中に一歩でも入ってきたら電話してくれと。そうすると警察は対処できると。そうでなければ対処できない』というふうに言われたもので、わしはすごく腹が立って、『一歩入られたら、そこで殺されるかもしれないのに冗談じゃねぇよ』というふうに思いまして、これは非常に危ない状態だなと思って、逃げ回る日々が続いていたんですけれども、95年の元旦に、オウムの上九一色村からサリンが検出されて、3月にあの地下鉄サリン事件が起こりました。

 そうすると、上の方から指示があったんでしょう、玉川警察署とか、そういうところからわしに挨拶に来て、それで、これから巡回パトロールをするということになって、1日に2〜3回ぐらい、郵便受けの中に異常なしみたいなメモを入れてくれるようになりました。まぁそれとてね、パトロールしていないときにわしが襲われたらどうするんだ、という話にもなるんですけれども。

 結局、6月ぐらいにあの暗殺計画というのが新聞にダ〜っと、こう載りまして、それで、『ああ、やはりそういうことだったのか…』ということが発覚したということですね」

▲オウム真理教による「小林よしのり氏暗殺計画」があったことを報せる紙面(ゴーマニズム宣言8巻、幻冬舎文庫より引用)

「薬害エイズ事件」で憤った小林氏、世論喚起のため厚生省に「人畜無害なガステロ」パフォーマンスを計画していた!

小林氏「それと、あともうひとつ、『薬害エイズ事件』(※)というのにもわしは関わっておりまして、ちょうどそれは同じ年に並行してやっていたんですけれども、この薬害エイズ事件というのは、子どもたちが非加熱製剤を注射しまして、それでエイズを発症してしまったと。

※1980年代、血友病(生まれつき血液凝固因子(血液を固めるタンパク質)が少ないため、血液が固まりにくい病気)の治療として使われていた非加熱血液製剤の中に、エイズを引き起こすHIVが混入していたため、多数のHIV感染者およびエイズ患者を生み出した事件。世界各地で多くの感染が報告され、日本では全血友病患者の約4割にあたる1800人以上がHIVに感染、少なくとも500人が死亡した。その危険性は1982年ごろから指摘されていたが、当時の厚生省エイズ研究班などの対応が後手にまわったために被害拡大を招いたと指摘されている。

 子どもというのは、わしにとっては、子ども漫画でデビューして、『東大一直線』『おぼっちゃまくん』というヒットを出しておりましたのでね、子どもに対する思い入れというのは人一倍強いんですよ。

▲小林氏の初連載作品『東大一直線』(小林よしのり氏ホームページより)

▲小林よしのり氏の代表作のひとつ『おぼっちゃまくん』(小林よしのり氏ホームページより)

 だから、子どもたちが仕事場にやってきて頼まれたら、ちょっと引き受けざるを得ないということで、この『救う会』の代表に就任しまして、そのために、自分の読者の学生たちを扇動しましてね、それで、厚生省の周りを取り囲んだりとか、そういうことをやっておりました。

 それで、なかなかこれが打開できない。『郡司ファイル』と当時言われていたんですけれども、そのファイルを厚生省が出さないんですね。これは非加熱製剤が危険であるかどうかの認識を証明するファイルだったんですけれども、これが出てこない、なかなか。

 で、非常に行き詰まっているところで、『朝まで生テレビ!』に出たときにこの問題を訴えたんですけれども、知識人たちが、『国家というのは隠さないかんこともある』とか、『なかなか謝罪できないもんだ』とか、あるいは、『これは共産党が関わっているんだ』とか、そんなことを言いましてね、真面目に考えてくれないんですよ。

 それで頭にきまして、番組の最後に、パネルに『天誅』と書いて、ドカンと出したんですね。今年の目標、これは『厚生省に天誅を加えてやる』ということを宣言してしまったわけですね。

 それは、本当に毎日毎日子どもが死んでいきますので、それで、わし、葬式とかあんなのに出かけていって、非常にたまらない思いになってしまっていたんですね。

 それで、年が明けてから、厚生省に何か一泡吹かせてやろうというふうに考えて、学生に電話しましてね、それで、とにかく人畜無害な、例えば色がばっと出るとか、あるいは匂いが出るみたいなガスが、そういうものはないのか、わしが厚生省にそれをばらまいてきてやるよ、それで逮捕されようじゃないかと。そうすればマスコミが注目するだろうと。どうしてそこまでわしが考えなければいけなかったかということを国民にもっと啓蒙するしかない、というふうに覚悟しまして、そういう薬剤はないものかと」

「羽詰まった状況になれば誰もが物を言わざるを得なくなる」〜「物言う市民」をどう守るかが「民主主義の要諦」!

小林氏「第一、非加熱製剤をエイズ入りなのにばらまいているということは、これは子どもたちに対する無差別テロですよね、国家による。ということになるわけですよ。だから、権力に一矢報いるためには、まったく無害な、そのぐらいのパフォーマンスぐらいやったっていいでしょうというふうに思いまして、そういう相談もしていたりとかしました。

 これを盗聴されていたりとかすると、わしはちょっと大変なことに、もうすでに何もやらない間に逮捕されていたかもしれないというような気もしますが、結局のところ(1996年)1月、菅直人さんが厚生大臣に就任しまして、それで厚生省から資料を一括して出させてしまった。それで謝罪に結びついたんですね。

▲1996年当時、厚生大臣として薬害エイズ問題に取り組み、被害者らに謝罪した菅直人氏(菅直人氏ホームページより引用)

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です