福島原発 破断した排気筒のリスク評価は2013年から求められていた!――東京電力 定例会見 2017.4.10

記事公開日:2017.4.10取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年4月10日(月)、東京都千代田区の東京電力本店にて、東京電力による定例会見が開かれ、原子力・立地本部長代理の木元崇宏氏より、福島第一原発の状況報告が行われた。また、記者からは、一部破断した排気筒のリスク管理について質問が飛んだ。

■全編動画

  • 日時 2017年4月10日(月) 17:00~
  • 場所 東京電力本店(東京都千代田区)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


“福島原発 破断した排気筒のリスク評価は2013年から求められていた!――東京電力 定例会見” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    福島原発 破断した排気筒のリスク評価は2013年から求められていた!――東京電力 定例会見 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/373230 … @iwakamiyasumi
    あまりにも無能で無責任。自分たちが作り上げた安全神話に自己中毒を起こしてるのではないか。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/851551499289190400

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です