【岩上安身のツイ録】森友学園問題の狂騒の脇をすりぬけ、水道民営化が、種子法廃案が、改憲論議が匍匐前進のように密かに進んでいく――政府とメディアの「黙示的共謀」 2017.3.24

記事公開日:2017.3.24 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(岩上安身)

※3月23日午前2:45~5:38までの岩上安身のツイートを並べて掲載しています。

 つい、昨日今日まで、僕らはWBCやセンバツ高校野球を理由として、NHKが籠池氏の証人喚問を中継しないのではないか、ということを心配してきた。野球が証人喚問隠しのスピンとして使われることを案じていたわけだ。しかし、真のスピンコントロールは逆かもしれない、と疑ってみる必要はある。

 木を隠すならば森に、ということなのかもしれないが、全国民の関心が森友学園騒動に向けられ、視線が永田町、国会にまっすぐ注がれている時に、その同じ国会内で、続々とトンデモ法案が成立に向かって進められている。

 そのトンデモ重要法案の筆頭は共謀罪で、総理がいないのにも関わらず、ついに閣議決定までされてしまい、国会に上程される。この辺りまでは、マスメディアもネットも路上の抗議活動も気づいている。

 証人喚問で籠池は偽証罪でパクられ、口を封じられるかどうか。関心は高いが、その同じ23日、全国民の視線が集まる国会内の別の部屋、農水委員会では、種子法廃止が決議されてしまう。これで日本の伝統的な種子は保護を外され全滅されられる。

 これまでは各都道府県で、地域の伝統に合わせて、品種のいいコメの種を保存し、種籾としてきたのだ。そうした「公共財」を保護管理してきた自治体に、保護を一切やめさせるのが、種子法の廃止。もちろん、そこにモンサントら、アグリビジネスの利益が加わる。

 想像してほしい。美味しい伝統の種子のコメ、野菜に愛着のある人、作っている人、食べたい人、みんなに共通する思いのはずだ。それがモンサントの遺伝組換え作物の種子に取って代わられる。

 もうこれで、延々と長い時間をかけて、品種改良もしてきた日本伝統の種子や種籾らは、絶滅させられる。そしてモンサントのような外資に、毎年、種を買わされるハメになる。アグリビジネスへの隷従、農民の農奴化ですよ。これを自称保守・愛国者らは、止めたか?

 もう1点、国会では、共謀罪の次を狙い、改憲論議が憲法審査会で始まっている。不気味なのは、どのマスメディアもこの憲法審査会について、伝えないこと。23日は、私がインタビューした永井幸寿弁護士が参考人に立つ。が、それを報じた媒体はほとんどない。

 すごいと思いませんか?

 永井弁護士へのインタビューは以下の通り。この機会に、ぜひ御覧になってください。

 憲法審査会は、改憲へ向けて、森友騒動の間も粛々と進んでおり、世間に見つからないように、頭を下げて、匍匐前進を続けています。永井弁護士が23日、参考人として呼ばれる件、マスコミはほとんど報じていない。

 明朝配信の日刊IWJガイドに、種子法や憲法審査会等について書いたが、あたりを見渡しても、今、同じ国会内でこれだけ恐ろしいことが進められていると書いたり、報じたりしているのは、我々以外にほとんど見当たらない。敏感な人でも共謀罪どまり。

 ぜひ、以下の記事を一読、拡散願いたい。

 森友学園事件が、仕組まれたスピンだとは思わない。ここまでのドラマ展開は意外性に満ちていて、とても権力側の誰かがシナリオを書いたなどという「陰謀論」は信じられない。

 だが、この事件は使えると、途中で判断した者(複数)がいたことは確かだ、と思う。安倍政権批判に対し擁護の論陣を張ってきたNHK、読売、産経という、三大売国極右御用メディアですらも、批判的に取り上げだし、ワイドショーは軒並み森友一色。

 こういうことはそう起こることではない。森友一色になり、皆が夢中になっている時に、共謀罪だけでなく、水道民営化法、種子法廃止、改憲への匍匐前進らが、同時にこそーっと進められているのは、政府とメディア間に、「黙示的共謀」が成り立っているからだ。

 こうした動きにも、我々は、微力ながら、複眼的に目を光らせ、警鐘を鳴らし続けたいと思う。でも、人手があまりに足りない!記者が必要!その他の事務スタッフも必要!お金もない!ないないづくしである。ぜひ、皆さんからのご支援をお待ちしています!

※ご寄付・カンパはこちらからよろしくお願いいたします。
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

※IWJ定額会員へのご登録はこちらからでお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

※IWJ レギュラースタッフ 募集フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

なお、明日(もう本日23日)の証人喚問は、朝から全力でIWJ記者らがリレーで全実況します! 速報アカウントでも、私のアカウントでもつぶやきますので、テレビ、インターネットを見られない方は、我々をフォローして実況ツィートをご覧ください。

※実況ツイートまとめはこちら

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


“【岩上安身のツイ録】森友学園問題の狂騒の脇をすりぬけ、水道民営化が、種子法廃案が、改憲論議が匍匐前進のように密かに進んでいく――政府とメディアの「黙示的共謀」” への 2 件のフィードバック

  1. ゆー0りん より:

    延々と長い時間をかけて、品種改良もしてきた日本伝統の種子や種籾らは、絶滅させられる。そしてモンサントのような外資に、毎年、種を買わされるハメになる。…まあ、絶滅は免れるかもしれんがなこの記事のおかげで、。

  2. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    【岩上安身のツイ録】森友学園問題の狂騒の脇をすりぬけ、水道民営化が、種子法廃案が、改憲論議が匍匐前進のように密かに進んでいく――政府とメディアの「黙示的共謀」 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/370196 … @iwakamiyasumi
    国民の共有財産を横流しする「売国政権」だ。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/853938794646482944

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です