「戦前の全体主義に向かってゆく流れを予感」塚本幼稚園で暗唱させられる教育勅語はなぜ危険なのか!? 岩上安身による上智大学教授・島薗進氏インタビューより〜「極右学校法人の闇」第7弾 2017.2.20

記事公開日:2017.2.20 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(文:平山茂樹)

 大阪府豊中市の国有地を、周辺土地価格の「9割引」という“激安価格”で払い下げられていたことが明らかとなり、国会でも取り上げられ問題視された「学校法人森友(もりとも)学園」(籠池泰典理事長)。この森友学園が運営する塚本幼稚園(大阪市淀川区)は、以前より「園児に教育勅語を暗唱させる幼稚園」として、インターネットを中心にその「軍国ぶり」が注目を集めていた。

▲暗唱した教育勅語を披露する塚本幼稚園の園児たち(YouTubeより)

 今回、森友学園が豊中市に新しく創設する予定の「瑞穂の國記念小學院」(名誉校長は安倍総理夫人の昭恵氏)も、こうした「軍国ぶり」に変わりはない。既に開設されている公式ホームページには、「教育理念」として下記のように教育勅語が堂々と掲げられているのである。

▲「瑞穂の国記念小学院」公式ホームページより
▲「瑞穂の国記念小学院」公式ホームページより
▲建設中の「瑞穂の國記念小學院」——大阪府豊中市
▲建設中の「瑞穂の國記念小學院」——大阪府豊中市

 教育勅語(教育二関スル勅語)は、1890年(明治23年)10月30日、明治天皇が内閣総理大臣・山県有朋(やまがた ありとも)と文部大臣・芳川顕正(よしかわ あきまさ)に対して「与える」というかたちで発表され、翌日の官報で国民に対し公表された。戦前・戦中を通し、日本の教育はこの教育勅語を規範として行われ、その写しは御真影(天皇・皇后の写真)とともに各学校の「奉安殿」に納められ、丁重に扱われていた。

▲現在の桜川市立真壁小学校にあった奉安殿(出典・Wikipedia)
▲現在の桜川市立真壁小学校にあった奉安殿(出典・Wikipedia)

 しかし戦後、1947年に教育基本法が施行されるにともない、学校教育の現場から教育勅語は排除された。翌1948年には衆参両院で「教育勅語等排除に関する決議」も行っている。以後、日本の戦後社会において、教育勅語は「国家神道」「皇民化教育」「軍国主義」の象徴として認識され、教育現場からは姿を消した・・・はずであった。それが今、安倍総理と深い関係を持つとみられるこの森友学園において、亡霊のように甦っているのである。

 ところで教育勅語といっても、戦後の学校教育を享受してきた多くの日本国民にとっては、どのようなことが書かれ、それがいったい何を意味しているのか、ほとんど馴染みがないのではないだろうか。教育勅語の中身を知らないことには、それがどのような政治的目的を持っていて、どんな影響力をもたらしたか、正確に理解することはできないし、その危険性を批判することもできない。以下に改めて、教育勅語の原文と現代語訳を掲げる。短い文章なので、ぜひ一読してみていただきたい。

【原文】
朕(ちん)惟(おも)フニ我(わ)カ皇祖皇宗(こうそこうそう)國ヲ肇(はじ)ムルコト宏遠(こうえん)ニ德ヲ樹(た)ツルコト深厚(しんこう)ナリ/我カ臣民克(よ)ク忠ニ克ク孝ニ億兆(おくちょう)心ヲ一(いつ)ニシテ世世(よよ)厥(そ)ノ美ヲ濟(な)セルハ此レ我カ國體(こくたい)ノ精華(せいか)ニシテ教育ノ淵源(えんげん)亦(また)實(じつ)ニ此(ここ)ニ存ス/爾(なんじ)臣民父母ニ孝ニ兄弟(けいてい)ニ友(ゆう)ニ夫婦相(ふふうあい)和(わ)シ朋友(ほうゆう)相(あい)信シ恭儉(きょうけん)己(おの)レヲ持(じ)シ博愛(はくあい)衆(しゅう)ニ及ホシ學ヲ修メ業(ぎょう)ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ德器(とっき)ヲ成就(じょうじゅ)シ進(すすん)テ公益ヲ廣(ひろ)メ世務(せいむ)ヲ開キ常ニ國憲(こっけん)ヲ重シ國法ニ遵(したが)ヒ/一旦緩急(かんきゅう)アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無窮(てんじょうむきゅう)ノ皇運ヲ扶翼(ふよく)スヘシ/是(かく)ノ如キハ獨(ひとり)リ朕カ忠良(ちゅうりょう)ノ臣民タルノミナラス又以テ爾(なんじ)祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン/斯(こ)ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓(いくん)ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守(じゅんしゅ)スヘキ所/之ヲ古今(ここん)ニ通シテ謬(あやま)ラス之ヲ中外(ちゅうがい)ニ施シテ悖(もと)ラス/朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺(けんけんふくよう)シテ咸(みな)其(その)德ヲ一ニセンコトヲ庶幾(こいねがう)フ
明治二十三年十月三十日 御名御璽
【現代語訳】
私が思うには、我が皇室の先祖が国を始められたのは、はるかに遠い昔のことで、代々築かれてきた徳は深く厚いものでした。/我が国民は忠義と孝行を尽くし、全国民が心を一つにして、世々にわたって立派な行いをしてきたことは、わが国のすぐれたところであり、教育の根源もまたそこにあります。/あなたたち国民は、父母に孝行し、兄弟仲良くし、夫婦は仲むつまじく、友達とは互いに信じあい、行動は慎み深く、他人に博愛の手を差し伸べ、学問を修め、仕事を習い、それによって知能をさらに開き起こし、徳と才能を磨き上げ、進んで公共の利益や世間の務めに尽力し、いつも憲法を重んじ、法律に従いなさい。/そしてもし危急の事態が生じたら、正義心から勇気を持って公のために奉仕し、それによって永遠に続く皇室の運命を助けるようにしなさい。/これらのことは、単にあなた方が忠義心あつく善良な国民であるということだけでなく、あなた方の祖先が残した良い風習を褒め称えることでもあります。/このような道は、実にわが皇室の祖先が残された教訓であり、その子孫と国民が共に守っていかねばならぬことで、昔も今も変わらず、国の内外をも問わず、間違いのない道理です。/私はあなたがた国民と共にこの教えを胸中に銘記して守り、皆一致して立派な行いをしてゆくことを切に願っています。

 原文を読むと、「皇祖皇宗」「天壤無窮ノ皇運」「國體ノ精華」など、『古事記』『日本書紀』に記述された「天皇神話」に関係する用語が使われていることに気づかされる。つまり教育勅語とは、大日本帝国が国家統治のイデオロギーとして採用した「国家神道」や「国体論」と密接不可分な規範なのであり、そうしたイデオロギーを子どものうちから刷り込み、国民を天皇に忠実に仕える「臣民」に仕立てあげるための強力無比なツールだったのである。

 この教育勅語が大日本帝国下で果たした役割に注目し、『国家神道と日本人』(岩波新書)『国家神道と戦前・戦後の日本人』(河合ブックレット)などの著書で多くの紙幅を費やしているのが、宗教学の第一人者で上智大学教授の島薗進氏である。

 ▲島薗進『国家神道と日本人』(岩波新書)

島薗進『国家神道と日本人』(岩波新書)

 岩上安身は2016年10月3日、島薗氏に単独インタビューを行い、教育勅語が果たした役割について詳しく話を聞いていた。以下、インタビューからの抄録というかたちで、島薗氏が教育勅語に言及した箇所を掲載する。

記事目次

「『皇祖皇宗』のために命を捨てよ」と説く教育勅語

▲岩上安身のインタビューに応じる上智大学教授・島薗進氏——2016年10月3日
▲岩上安身のインタビューに応じる上智大学教授・島薗進氏——2016年10月3日

岩上「次は、教育勅語についてお聞きします。ちょっと読んだほうがいいですね。

 『朕(チン)惟(オモ)フニ我ガ皇祖皇宗國ヲ肇(ハジ)ムルコト宏遠ニ德ヲ樹(タ)ツルコト深厚ナリ』

 『我カ臣民克(ヨ)ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一(イツ)ニシテ世世(ヨヨ)厥(ソ)ノ美ヲ濟(ナ)セルハ此レ我ガ國體(コクタイ)ノ精華(セイカ)ニシテ教育ノ淵源(エンゲン)亦實(マタジツ)ニ此ニ存ス』、ということなのですけれども」

▲インタビューで使用したパワーポイント資料
▲インタビューで使用したパワーポイント資料

島薗「色んな捉え方がありますが、『皇祖』というと神武天皇までを指すとされ、第2代の天皇からが『皇宗』だと言われています。つまり、天照大神(アマテラスオオミカミ)から瓊瓊杵命(ニニギノミコト)、そして神武天皇までが『皇祖』だということです」

▲ヤタガラスに導かれる神武天皇(出典・Wikipedia)
▲ヤタガラスに導かれる神武天皇(出典・Wikipedia)

岩上「教育勅語の続きです。これも読みますね。

 『爾(ナンジ)臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和(アイワ)シ朋友相信(アイシン)ジ恭儉(キョウケン)己レヲ持シ博愛衆(シュウ)ニ及ボシ學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ德器ヲ成就シ進(ススン)デ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重シ國法ニ遵(シタガ)ヒ』と。

 ここは、普通の道徳の感じがします」

島薗「そうですね。やや中国風、儒教風ですが、ある種の普遍性を持っていると思います」

▲インタビューで使用したパワーポイント資料
▲インタビューで使用したパワーポイント資料

岩上「そして、『一旦緩急アレバ義勇公ニ奉シ以テ天壤無窮(テンジョウムキュウ)ノ皇運ヲ扶翼(フヨク)スベシ』と。これは、繰り返し繰り返し言われる部分ですね」

島薗「『天壌無窮の皇運』というのは、『天壌無窮の神勅』というものを前提としています。これが『国体論』の一つの核になるものです。

 『天(アメ)壌(ツチ)とともに窮(キワマ)り無(ナ)く』ということなのですが、天照大神が瓊瓊杵命に向かって、豊葦原瑞穂国(トヨアシハラノミズホノクニ)(※)の統治を永遠に委ねた、ということを意味します。ですからこれこそが、『万世一系』の超越的な根拠になっているわけです」

(※)豊葦原瑞穂国:『古事記』『日本書紀』に記載された、日本の国土のこと。高天原と黄泉の国の中間に位置するとされる。高天原に住む天照大神が、瓊瓊杵命に対してこの豊葦原瑞穂国の統治を命じたことを、「天壌無窮の神勅」と呼称する。天皇による日本の国土国民に対する政治的支配を正当化する政治的イデオロギーが、「神話」の形で「記・紀」に埋め込まれているのである。

岩上「『一旦緩急アレバ』とありますから、いざとなったら、天皇のために命を投げ出せよ、ということでしょう。つまり大日本帝国は、『神聖国家』であると同時に、『神聖軍事国家』だったということではないでしょうか」(…会員限定ページへつづく)

この記事の完全版は、IWJ会員のみ閲覧・視聴ができます。
会員の方はこちらから。 会員登録はこちらから。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です