2012/10/05 自由報道協会主催 市民と科学者の内部被曝問題研究会による記者会見  

記事公開日:2012.10.5
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年10月5日(木)、東京都千代田区の自由報道協会 麹町報道会見場で、「自由報道協会主催 市民と科学者の内部被曝問題研究会による記者会見」が行われた。

■会見者
 矢ヶ﨑克馬氏(市民と科学者の内部被曝問題研究会副理事長、琉球大学名誉教授)
 守田敏也氏(同会常任理事、広報委員長)
 吉田邦博氏(同会会員、南相馬在住、安心・安全プロジェクト)
 小柴信子氏(同会会員) 他
■内容
 内部被曝研独自調査を行ったところ、福島県に設置されたモニタリングポスト(大気中の放射線のうち、
 γ線の量を継続的に測定する装置)が実測値より低い値を示していたことについて

このアーカイブの完全版は、IWJ会員のみ閲覧・視聴ができます。
会員の方はここをクリックしてください。
会員登録はこちらから。
このアーカイブだけを有料で閲覧・視聴する場合はこちらから。

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です