沖縄の闘いに歌は欠かせない!「うた」が生まれる場所、沖縄・高江N1裏テントでひろがった濃密な時間・空間 2016.8.9

記事公開日:2016.8.19取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加
 2016年8月9日18時よりはじまった集会後、テントに集まった市民の方々がもち回りで、うたをうたうテント内コンサートが開かれた。沖縄という島に人類が住みはじめて、島の風土とともに営まれてきた人と自然の暮らし。うた、という人の声により受け継がれてきた人と島の時間がテント内の空間にひろがり、そこに「うちなー(沖縄の地元の人)」、「ないちゃー(本土の人)」といった壁は存在しなかった。

■コンサートハイライト

  • タイトル****
  • 日時 2016年8月9日(火)18:30~
  • 場所 高江(沖縄県東村)

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です