低線量被ばくによる健康被害―収束見透しのない事故現場と帰還政策― 講師 崎山比早子氏(医学博士) 2016.1.16

記事公開日:2016.1.16取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年1月16日(土)13時半より、岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館(岡山市北区)において岡山弁護士会主催の崎山比早子氏(元放射線医学総合研究所主任研究官)講演会「低線量被ばくによる健康被害―収束見透しのない事故現場と帰還政策―」が開かれた。

■ハイライト

  • 主催挨拶 吉岡康祐氏(岡山弁護士会会長)
  • 講演 崎山比早子氏(医学博士、高木学校、元国会事故調委員、元放射線医学総合研究所〔放医研〕主任研究官)
  • 閉会挨拶 大山知康氏(岡山弁護士会副会長)
  • タイトル 低線量被ばくによる健康被害―収束見透しのない事故現場と帰還政策―
  • 日時 2016年1月16日(土)13:30〜
  • 場所 岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館(きらめきプラザ)(岡山市北区)
  • 主催 岡山弁護士会詳細、PDF)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


“低線量被ばくによる健康被害―収束見透しのない事故現場と帰還政策― 講師 崎山比早子氏(医学博士)” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    2016/01/16 【岡山】低線量被ばくによる健康被害―収束見透しのない事故現場と帰還政策― 講師 崎山比早子氏(医学博士)(動画) http://iwj.co.jp/wj/open/archives/282618 … @iwakamiyasumi 誰しも無関係でいられない原発事故。心して聞いておくべき事実。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/688619990325436416

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です