相次ぐ死亡事故を受け、安全点検のため凍土壁工事の工程が先延ばしに ~東京電力定例記者会見 2015.8.13

記事公開日:2015.8.13取材地: テキスト 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年8月13日(木)17時30分から、東京電力定例記者会見が行われた。相次いだ死亡事故を受け、安全点検を行うことから、陸側遮水壁(凍土壁)工事の予定変更し、工程を先延ばしすることを発表した。

■全編動画

  • 日時 2015年8月13日(木)
  • 場所 東京電力本社(東京都千代田区)

陸側遮水壁(凍土壁)工事の予定変更

 東京電力は、福島第一原子力発電所で8日に発生した死亡事故を受けて、総合的な安全対策のため、作業を一旦立ち止まって、再度安全確認を徹底するようにしている。

 それに伴い、陸側遮水壁(凍土壁)工事のスケジュール延期について発表があった。新たに施工した凍結管にブライン(冷媒)を供給する配管を接続するため、ブラインの供給を休止する予定だったが、その工程が先に延ばされた。

 また、試験凍結を行っているが、凍結管周辺の地下水位が、3日連続で、1日当たり15cm以上低下する場合、その凍結管へのブライン供給を停止することにしている。

 北側にあるNo.7凍結管ではブライン供給を停止しているが、新たに4号機建屋南側にあるNo.16、17、18の凍結管でも水位低下がみられた。そのため、No.16は13日朝から、No.17、18は14日の朝からブライン供給を一時停止することになった。

 このような大規模な地下の凍結施工、地下水の制御は世界に例がなく、挙動は未知のもの。しばらく試験を継続しデータを蓄積するしかない。本来の目的である建屋地下への地下水流入抑制が、本当に達せられるのか、まだ誰にもわからない状況だ。

サブドレン、ポンプ等施設の健全性確認を実施

 建屋周辺の地下水をくみあげるサブドレンは、震災後の整備、試運転の後、一年近く運転していない。そのため、東京電力は、12日よりポンプ等の動作点検といった健全性の確認を2週間程度かけて行っている。

 一方、サブドレンピットから地下水をくみあげ浄化、放水することが計画されているが、地元漁協と議論中であり、まだ決まっていないという。

 いずれにせよ、お盆の時期であることと、安全総点検を行うことから、進展はまだ数週間先になると予想される。

■■■■■■
以下、東京電力ホームページより、リンクを表示 (08/11 ~ 08/13 )

報道配布資料

2015年8月13日

2015年8月12日

2015年8月11日

プレスリリース

2015年8月12日

2015年8月11日

福島第一原子力発電所の状況について(日報)(東北地方太平洋沖地震による当社原子力発電所への影響)

道関係各位一斉メール

2015年8月12日

お知らせ 2015年

写真・動画集

2015年8月12日

福島第一原子力発電所 データ集

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です