2015/06/26 「私は馬鹿そうですか? ギャルは政治を考えてはいけないんですか? 今必要なのは知識じゃなく、声を上げることです」――19歳女子・フリーターの札幌デモ、700人参加!

記事公開日:2015.6.26
このエントリーをはてなブックマークに追加

 今必要なのは、知識か行動かーー。

 札幌で2015年6月26日、「戦争したくなくてふるえる」と銘打った、戦争法案反対デモが行われた。主催は19歳フリーターの女子、高塚愛鳥(まお)さんで、デモのタイトルは歌手・西野カナさんの歌詞「会いたくて震える」をモチーフにした。

 高塚さんがデモを主催するのは初めてのことで、デモの開催は9日前に急遽決定した。にも関わらず、「戦争したくなくてふるえる」デモはたちまちネットで話題となり、参加者は最終的に700人(主催者発表)に膨れ上がった。

■Ustream録画
※ 音声の聞き取りづらい場面がございます。ご了承ください。
・1/3(17:23~ 2時間16分)

1分~高塚さんインタビュー/1時間37分~高塚さん/1時間50分~20歳の大学生(男性)ほか

・2/3(19:39~ 7分間)

・3/3(19:46~ 5分間)

  • デモコース 大通西11丁目 → 大通西8丁目 → 大通 → 西1・2丁目 → すすきの/街頭スピーチ(すすきの交差点)

女子高生も飛び入り参加「戦争したくなくてふるえる!」

 デモ出発前にIWJのインタビューに応えた主催者の高塚さんは、「(デモを主催した)きっかけは、『札幌で立ち上がっている若者っていないな』って思って」と話した。

 「東京とかでは若者が立ち上がっているじゃないですか。私も(これまでは)東京なら(自分も)立ち上がろうと思っていて、誰かがやってくれなきゃできない状態でした。でも、友達に『やりたいなら自分でやればいいじゃん』って言われて、『確かに!』って思って。いろんな人に声かけて、次の日には警察にデモの申請にいきました」

 デモには若者の参加者が多く、制服姿の女子高校生が沿道から飛び入り参加する場面も。すすきのの繁華街には「戦争したくなくてふるえる!」というユニークなシュプレヒコールが響き渡り、「調子に乗るな、自民党」「暴走するな、安倍晋三」「憲法お前の玩具じゃないんだ」と声を合わせた。

車イスの男性「戦闘が起これば真っ先に狙われ、死んで、皆さんに置いて行かれる」

 デモ終了後、ゴール地点では集会が開かれた。

 車イスに乗った20歳の大学生の男性は、「僕はいわゆる身体障害者と呼ばれる人です」と自己紹介し、スピーチした。

 「今日のデモには車イスの人が多くいました。なぜか。自分に関係があるからだと思います。戦闘が起これば真っ先に狙われ、死んで、皆さんに置いて行かれるのが私たち身体障害者です。

 戦争がなくても軍事費が上がっている。軍事にお金を回せば、福祉のお金は減る。憲法は文化的な生活を保障していますが、今、身体障害者は介助者を学校、職場に連れていくことはできません。それが文化的と言えるでしょうか。

 それでもかろうじて生きている人がいます。家族に頼り、友だちに頼り、限界の中で生きている。だから軍事費が上がるというだけで不安で、今日ここにきているんです」

「今必要なのは知識じゃなくて、声を上げること」

 主催の高塚さんも登壇し、「今回のデモを前に、沢山の心ないことを言われました。それでも私はデモを続けます。なぜかというと、ただただ戦争がしたくないから」と主張した。

 「私の見た目は馬鹿そうですか? メイクが濃いと馬鹿なんでしょうか? ギャルって言われる人は政治のことを考えてはいけないんですか? 見た目で判断しないでください」

 そのうえで、「この戦争法案が通れば地獄の始まりです。『あのとき声を上げていればよかった』と思うような日本がきてしまうかもしれない。戦争がいや、平和がほしい、誰も殺したくない…そんな気持ちだけで動いたっていいじゃないですか。知識なんてなくてもいいじゃないですか。今必要なのは知識じゃなくて、声を上げることなんです」と呼びかけた。
(取材:大森啓史、記事:原佑介)

IWJのこうした取材活動は、みなさまのご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、定期番組を含む今後の安定的な取材をお支えください。

IWJの会員登録はこちらから。

■関連記事

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


4件のコメント “2015/06/26 「私は馬鹿そうですか? ギャルは政治を考えてはいけないんですか? 今必要なのは知識じゃなく、声を上げることです」――19歳女子・フリーターの札幌デモ、700人参加!

  1. 6月26日の札幌での反戦デモはたまたま大通りを通りかかってその存在を知りました。
    デモに参加しようかと思ったけれども、勇気がなくてただそのデモをそばで
    見守っていただけでした。
    ただ、私だけでなく、デモには参加しなくても思いを同じくした人は数多くいただろうと
    思います。
    というのも、職場や家族の間で阿部政権の暴走をそのままにすることを危惧する人は私の周りにも
    数多くいることを日頃耳にすることがあったから。

    19歳の女性がこのデモの発起人と知って心強く感じました。行動に移している若いエネルギーに感激
    感動しました。

    本当にそう思います。

  2. ギャルかどうかでは無く。
    人間同士の殺し合いをしている中に「後方支援」の名目が意味あるとは思えない、
    戦争に参画することになります。
    今の日本が向かっている方向は間違っている、軍事力は第二次大戦とは比べものにならない、
    一瞬にして破壊される。絶対参画してはいけない!!

  3. これは正しいよ
    今時の奴らが声を挙げるのは
    意見を出す者を叩き潰そうとする時だけ
    しかもネットの上だけ
    こんなクズどもより行動を起こせるお嬢ちゃんの方が
    ずっといい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です