【岩上安身のツイ録】「イスラム国」の報道で官邸から圧力、番組責任者が更迭!? 翼賛体制はすでに始まっていた! 2015.2.7

記事公開日:2015.2.7 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

※2月4日(火)の岩上安身の連投を再掲します。

 既存メディアの現実をわかっていらっしゃらない。もう翼賛体制下です。RT @cao58020: 安倍自民党政権は翼賛報道体制を作ろうとしています。政権批判をするには複数の大手メディアがジャーナリズムを持っていなければ、一社だけだと持ちこたえられません。支援しなければいけませんね。

 続き。官邸のマスコミに対する縛りは尋常なものではない。特にテレビ局に対して。A局の幹部は、私に直接、こう語っている。「この人質事件での政府からの縛りはものすごい。尋常ではない。(自分が関与している番組について)うちはそれでもなんとか手を考える。局全体では、全然違うけどね」

 続き3。B局の関係者は、同局の報道番組で出演者が政権に批判的なことを発言するだけで、政府の上層部から露骨な圧力がかかったことを、これも、私に直接、語った。「官邸の審議官から、局の上層部にメールが一通、『何だ、あの放送は』と送られてきました。それだけで、経営幹部は大騒ぎです」

 続き4 B局関係者は、続けてこう言った。「その番組の責任者は、経営幹部らに呼び出され、散々、叱責された。頑張っている人なのに、気の毒です。今度、更迭されることになりました」。マスコミの経営幹部らが現場の責任者を守らず、官邸の言いなりに――ここまでひどい状況はかつてなかった。

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。

関連記事


【岩上安身のツイ録】「イスラム国」の報道で官邸から圧力、番組責任者が更迭!? 翼賛体制はすでに始まっていた!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です