【ドキュメント台湾国会占拠(3)】沈黙をつらぬく馬英九政権 〜台湾全土の与党事務所を市民が包囲 2014.3.23

記事公開日:2014.3.23取材地: | テキスト 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:林(現地)、岩上安身、須原拓磨・記事構成:佐々木隼也)

 3月18日夜に台湾の立法院(国会)を占拠した学生らの要求に対し、馬英九政権側は回答期限の21日正午を過ぎても沈黙を貫いた。この政権側の姿勢は市民のさらなる反発を呼び、翌22日には、台湾全土で与党・国民党の事務所を包囲する抗議集会が開かれた。抗議集会は台湾全土で18カ所、さらにニューヨーク、ロンドン、メルボルン、トロント、バンクーバー、チューリッヒなど海外でも行われた。

 IWJでは、現地の協力者に抗議の中継を依頼。台中市で行われた抗議集会の模様を散発的に中継した。今台湾で何が起こっているのか。抗議集会の動画と、現地の市民の声を以下、掲載したい。

※20日〜21日の抗議の模様や、国会占拠の背景などはこちら

3月22日


▲このIWJ台湾Chでは、23日から台北入りした原記者による現地取材レポートを散発的に配信中

 IWJでは現地の協力者により、台中の国民党事務所前で現地時間13時より行われた抗議イベントの模様を配信した。抗議には続々と人が集まり、あっという間に事務所前を埋め尽くした。

▲現地協力者・林氏が日本語で抗議の模様をレポート

▲台中での抗議イベントの主催者の一人へインタビュー

 そばの道路を通行する車からは時折、「台湾加油(台湾がんばれ)」という声がかけられ、そのたびに集まった参加者からは拍手があがった。会場ではヒマワリが配られ、みな手や服につけていた。また中には「明日政府を倒そう」というステッカーをリュックに貼った人の姿も。抗議には子供からお年寄りまで、幅広い年齢層が集まった。

 この台中での抗議イベントの主催者の一人は、インタビューに応え、「もしサービス貿易協定が通ってしまったら、中国の大きな力が入ってきて、台湾国民の生活に盈虚する。なので、この事を多くの人に知ってもらいたい」と動機を語った。

 集会では主催者がスピーチを募ると、参加者からは次々と手があがり、積極的に思いを語った。ある会社員の男性は、「始めてこうした抗議に参加した。会社でもこの問題について討論してきたが、やはりおかしいと思う。みんなで頑張りましょう!」と訴えた。  現地では日本人と分かると、「(関心を持ってくれて)ありがとう!」と声をかけてくる人が多かったという。

 この日は、こうした抗議が台湾全土の国民党事務所で行われた。

 こうした台湾国民による抗議運動の盛り上がりに対し、18日の国会占拠から沈黙を守ってきた馬政権側。しかしこの日の夕方、馬総統が翌23日の現地時間10時に記者会見を行うことを発表した。

 ドキュメント23日【ドキュメント台湾国会占拠(4)】「違法で許されない行為」馬総統が会見で学生らを糾弾 ~協定の遅れは「TPP参加に影響」 2014.3.23へ続く。

 IWJでは、IWJ台湾Chから、今も台湾全土で行われている抗議行動の模様を、現地市民の協力を得て、散発的に中継し続けています。「持久戦」の様相を呈してきたこの事件。本日(3月23日)から、原記者が現地に入り、生々しい抗議の模様や現地市民の声を取材し、配信しています。この問題は、中国を米国に置き換え、ECFAをTPPに置き換えたら、非常によく似た構図となっています。IWJは苦しい財政状況ですが、可能な限り伝え続けたいと考えています。取材が持続できるよう、どうか緊急のご寄付、カンパのほど、そして会員登録をよろしくお願い致します。

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です