日刊IWJガイド・番組表「小池百合子氏が希望の党の共同代表を辞任! にもかかわらず、希望の党の『極右・歴史修正主義』の姿がますますあらわに!!/疑惑山積の加計学園・獣医学部を林芳正文科相が『認可』判断! 国会審議は行われないまま、2018年4月開学へ/『武装難民、射殺か』麻生太郎副総理発言を安倍政権が『問題意識を喚起する趣旨』と閣議決定! 殺人煽動発言も問題ないことに!?」2017.11.15日号~No.1888号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「小池百合子氏が希望の党の共同代表を辞任! にもかかわらず、希望の党の『極右・歴史修正主義』の姿がますますあらわに!!/疑惑山積の加計学園・獣医学部を林芳正文科相が『認可』判断! 国会審議は行われないまま、2018年4月開学へ/『武装難民、射殺か』麻生太郎副総理発言を安倍政権が『問題意識を喚起する趣旨』と閣議決定! 殺人煽動発言も問題ないことに!?」2017.11.15日号~No.1888号~ ■■■
(2017.11.15 8時00分)

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■<はじめに>小池百合子氏が希望の党の共同代表を辞任! にもかかわらず、希望の党の「極右・歴史修正主義」の姿がますますあらわに!!(城石裕幸)
┠■【中継番組表】
┠■<ニュース・フラッシュ!>(城石エマ・原佑介)
┠――【1】「武装難民、射殺か」麻生太郎副総理発言を安倍政権が「問題意識を喚起する趣旨」と閣議決定! 殺人煽動発言も問題ないことに!?
┠――【2】辺野古新基地建設、加速狙う日本政府〜10トンのダンプカー50台分の砕石がキャンプ・シュワブに搬入! 沖縄県が工事業者に港の使用許可を出して県民からは反発も
┠■<★取材報告★>疑惑山積の加計学園・獣医学部を林芳正文科相が「認可」判断! 国会審議は行われないまま、2018年4月開学へ(澤理恵)
┠■<★取材報告★>加計・獣医学部認可と同時に実施された「Jアラート全国一斉情報伝達訓練」〜野田聖子総務相「誤解がないようPR活動にいっそう努めていきたいと思う」記者会見でIWJが直撃!(大下由美)
┠■<お知らせ>年末のイベントに関するお知らせとアンケート
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□■□■□■□■□■□■□
<はじめに>小池百合子氏が希望の党の共同代表を辞任! にもかかわらず、希望の党の「極右・歴史修正主義」の姿がますますあらわに!!
■□■□■□■□■□■□■□■□

 おはようございます。IWJ動画班カメラマンの城石裕幸です。

 昨日14日、林芳正文部科学大臣が学校法人「加計学園」の獣医学部について、文部科学省の大学設置審議会の答申を踏まえ、来年4月の開学を正式に認可しました。

 IWJも記者会見に参加しましたので、詳しくは後段の取材報告をご覧ください。

※疑惑山積の加計学園・獣医学部を林芳正文科相が「認可」判断! 国会審議は行われないまま、2018年4月開学へ~「4条件」を満たしていないとの指摘には「特区の構想に沿っている」と強弁!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/405241

 これを受け、同学園の加計孝太郎理事長は岡山理科大学のサイトに「この日の喜びを、地元今治市、愛媛県の方々をはじめ、関係する全ての皆様方と心から分かち合いたい」、「世界に通用する人材を育成してまいります」などと短いコメントを載せたのみで、記者会見は行わないということです。

・「獣医学部設置の認可を受けての理事長・学長からのメッセージ」

http://www.ous.ac.jp/topics/try.html?397

 また、昨日14日は希望の党の小池百合子代表が、両院議員総会で共同代表を辞任する意向を表明しました。

・ 小池知事 希望の党代表辞任の意向を表明(NHKニュース、2017年11月14日)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171114/k10011223161000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

 小池氏は「敗北」と言える衆院選後も、「創業の責任がある」などとして代表を続けていましたが、14日午後に開かれた希望の党の両院議員総会で、共同代表の玉木雄一郎氏のもとで新執行部が発足することを受け、党の態勢の構築に一定のめどが立ったなどとして都知事に専念するということです。これにともない玉木共同代表が新代表に就任しました。

 IWJでは希望の党の共同代表選の際に2人の候補に直撃インタビューを行いましたので、ぜひこちらもご覧ください。

※希望の党は「改憲勢力」になるのか? 「踏みとどまる」のか? 11月10日の共同代表選に立候補した玉木雄一郎候補と大串博志候補をIWJが直撃! スタンスの違いが明らかに! 2017.11.9

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/404899

 岩上さんは小池氏の希望の党について、「季節限定の海の家」などと何度もツィートしてきました。結局その通りになりました。小池氏が過去にも繰り返し、その場限りの人気取りの発言を繰り返していること、そしてその責任を引き受けないままでいることを、IWJでは何度も報じています。

※【岩上安身のツイ録】「希望の党」は改憲までの季節限定、エセ「海の家」!「公認申請料」という名で民進前職からぼったくる!? 自民党と対立軸にないことは「極右」の人間まで見通している! 2017.10.1

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400086

※【IWJブログ・特別寄稿】テレビ番組の生放送で公然と「ウソ発言」~小池百合子候補に公職選挙法違反の疑いが浮上!約100万票の「宇都宮票」取り込みを図る小池氏の“詐欺師紛”いの発言とは(ジャーナリスト・横田一) 2016.7.30

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/322051

※「築地市場の改修と豊洲市場の機能強化を両立させていく」――小池都知事が実質的な築地市場の豊洲移転を表明! 土壌汚染、耐荷重、1兆円累積大赤字…山積みの課題はどうする? 2017.6.20

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/384491

 産経新聞とFNNの合同調査によると、希望の党の政党支持率は3.9%、小池氏が「党代表にとどまるべき」と答えたのは17.1%にすぎず、77.6%が「都知事に専念すべき」と答えています。

・希望の党凋落、支持率3.9% 立憲民主党との差は拡大… 7割超が「小池百合子氏は都知事に専念すべき」(産経ニュース、2017年11月13日)

http://www.sankei.com/politics/news/171113/plt1711130038-n2.html

 昨日もお伝えしましたが、12日投票、13日開票の葛飾区議選挙では、小池都知事が特別顧問を務める都民ファーストの会の候補者5人中4人が落選しています。

・都民ファ、失速鮮明に 葛飾区議選で5人中4人落選(朝日新聞、2017年11月13日)

http://www.asahi.com/articles/ASKCF4SMYKCFUTIL02W.html?iref=comtop_list_pol_n01

 小池氏の人気が急速におとろえ、希望の党は「民進党右派」そのものであることが浮き彫りになってきました。しかし、どちらにしても希望の党には「極右・歴史修正主義・排外主義」的傾向があることに変わりはないようです。

 12月13日に「南京戦の真実を追求する会」なる団体が主催する、「外務省目覚めよ!南京事件はなかった」という講演会に、自民党の原田義昭衆議院議員、山田宏参議院議員とともに希望の党からも松原仁衆議院議員、渡辺周衆議院議員が登壇すると、「新しい歴史教科書をつくる会」の公式ツイッターアカウントで発表されました。

・新しい歴史教科書をつくる会【公式】

https://twitter.com/Tsukurukai/status/929971671552819200/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fbuzzap.jp%2Fnews%2F20171114-nanjing-massacre%2F

 松原仁議員も、渡部周議員も、日本会議に所属しており、また「新しい歴史教科書をつくる会」同様に、日本会議も歴史修正主義を掲げる極右団体です。日本会議については、IWJでも長く取材を行い、その危険性を伝え続けています。

※希望の党、首班指名は「日本会議」所属の渡辺周氏へ!「排除発言」引き出したジャーナリスト・横田一氏の質問を希望の党「完全無視」!――希望の党 両院議員総会と総会後の囲み取材 2017.10.27

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/403820

※「改憲」の先にあるもの――日本会議と神社本庁は何を目指しているのか!? 安倍政権下で進む右傾化の真実に迫る!岩上安身による上智大学教授・島薗進氏インタビュー 2016.10.3

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/335795

※「小池百合子さまのおかげで民進真っ二つ(嘲笑)」――日本会議系集会で小池氏へ皮肉な感謝! ~9条改憲など入り口に過ぎないと極右は怪気炎! 緊急事態条項、憲法の全文書き換え目指すとも! 2017.10.25

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/403451

※(再々掲)【岩上安身のニュースのトリセツ】「国民の生活が大事なんて政治は間違っている!」と稲田朋美氏が!? 「国民主権、基本的人権、平和主義をなくせ!」と長勢甚遠氏が!? 自民党の改憲勢力の恐るべき本音が明らかに! 2016.6.30

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/312953

 この講演会のチラシには、南京事件を「歴史捏造」と決めつけ、「外務省はホームページから南京事件の項目を消せ」との主張が書かれています。このような歴史を捏造する講演会に登壇する渡辺周衆議院議員が、昨日の両院議員総会で党の外交・安全保障調査会長に決まりました。野党とはいえ、歴史修正主義者が外交・安全保障の担当というところに、この党の本質が透けて見えます。

 南京大虐殺や従軍慰安婦を「なかった」ことにする歴史修正主義については、2014年に証拠となる史料を積み重ねて、南京大虐殺や従軍慰安婦の否定論の論破をこころみる哲学者・能川元一氏に岩上さんがインタビューを行っています。

※「歴史修正主義者達は、自分自身の民族観に怯えて虐殺を必死に否定している」~岩上安身による能川元一氏インタビュー 第一部~南京大虐殺 2014.2.28

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/127694

 また、今年の1月3日には、岩上さんが司会進行で作家辺見庸氏とジャーナリスト小笠原みどり氏の対談を行いました。辺見氏の著作『1★9★3★7』は、もちろん南京事件の起きた1937年を表しています。

 岩上さんが「新しい戦前がはじまる」とツィートしたのは、確認できる限り2010年10月31日のこと。本当にその言葉通りの時代が近づきつつあるようです。

・岩上安身ツィート

https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/29277407634

※監視・歴史・技術――戦後日本社会の欺瞞と天皇制の闇を暴く! 特別対談:『1★9★3★7』著者・辺見庸氏×ジャーナリスト・小笠原みどり氏(司会進行:岩上安身) 2017.1.3

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/354506

 これらのアーカイブは、サポート会員の方であれば、いつでもご覧いただけます。この機会にぜひ、サポート会員へのご登録をお願い致します。

※会員登録はこちらからお願いします。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 また、一般会員の方向けの単品購入、会員以外の方向けの単品購入もありますので、ぜひご利用ください。

 IWJの活動経費の半分は、皆様からのご寄付・カンパで支えられています。毎月かかる経費から割り出して、一ヶ月に必要なご寄付・カンパの金額は500万円です。ところが、新しい期が始まった8月、9月とご寄付が低迷を続けてきました。10月は衆議院選挙の取材のため、遠方への交通費やスタッフの残業代などでも出費が大きく膨らみました。

 この臨時出費はバカにならない金額になりそうです。急ぎとりまとめて、皆様にご報告します。さらに、この日刊IWJガイドでも何度かお伝えしている通り、社用車の大きな故障・修理を終えた直後に、第二社用車でもある岩上さんの社長車が経年劣化で故障が頻発し、このまま乗り続けると大事故にもつながりかねない、という判断から、現在、代わりとなる中古車探しを進めています。

 どうかこの危機を乗り越えるため、皆様からのご寄付・カンパによる緊急のご支援をよろしくお願いいたします!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらから。

http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

==========
~11月14日号の本ガイドについて訂正とお詫び~

 昨日お送りした本ガイドの中で、

 「Jアラート」をテストする目的はシステム不具合の発生を未然に防止するためだと政府は説明しており、避難訓練を実施するわけではありません。ただ、大音量でサイレンを鳴らすだけです。システムを確認するために、全国一斉でテストを実施することなど、過去にあったでしょうか。私は記憶にありません。

 と記載しておりましたが、正しくは、過去にも「Jアラート全国一斉情報伝達訓練」は実施されていましたので、ここに訂正しお詫び申し上げます。

<過去実施分>

●平成28年11月29日
●平成27年11月25日
●平成26年11月28日
●平成25年9月11日
●平成24年9月12日

 申し訳ありませんでした。今後、ますます校正に努めてまいります。

IWJ ぎぎまき

==========

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2017.11.15 Wed.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch3】14:30~「原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=3

 原子力規制委員会 更田豊志委員長による記者会見を中継します。
——————

【Ch4】15:00~「民進党 森友学園・加計学園疑惑調査チーム(仮称)」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 民進党による森友学園・加計学園疑惑調査チーム(仮称)を中継します。
——————

【Ch6】18:30~「NAJAT 11.15集会『亡国の武器輸出 日本版「軍産学複合体」の今』―講演:池内了氏(宇宙物理学者)、青井未帆氏(憲法学者)、杉原浩司氏(NAJAT代表)」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

 「武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)」主催の集会を中継します。
——————

【タイムリー再配信 65・Ch5】21:00~「民間企業が入ればもっと多様になる!? 民間企業は利益がでるものしか作らないだろう!日本の食は守られるのか―種子法廃止について、農水省、生産者、消費者が意見交換!<ダイジェスト版>」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 2017年4月10日に収録した、「全国有機農業推進協議会」、「日本の種子(たね)を守る有志の会」主催の「第2回『日本の種子(たね)を守る会』講演会と農水省、生産者、消費者による意見交換会」を再配信します。
[記事URL] http://iwj.co.jp/wj/open/archives/373224

========

◆中継番組表◆

**2017.11.16 Thu.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ_YouTube Live】14:00~「岩上安身による元農水相 山田正彦氏インタビュー」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 岩上安身が元農水相・山田正彦氏へインタビューします。
——————

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力の定例会見を中継します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

凍土遮水壁の評価についていまだに検討中~東電「具体的にいつまでとは言えない」――東京電力 定例会見

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/405122

「米軍は一つの就職口」~新外交イニシアティブ調査団がグアム視察の報告会を開催!――グアム研究者・長島玲央氏「経済的徴兵制はグアムでよく言われている」

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/404947

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■□■□■□■□■□■□■□■□
<★取材報告★>疑惑山積の加計学園・獣医学部を林芳正文科相が「認可」判断! 国会審議は行われないまま、2018年4月開学へ
■□■□■□■□■□■□■□■□

 おはようございます、IWJの澤理恵と申します。

 昨日10時40分より、文科省記者会見室で行なわれた、林芳正文部科学大臣記者会見を取材しました。林文科相は、加計学園の岡山理科大・獣医学部の新設について、「(大学設置審議会の)答申結果を尊重し、来年4月の開学を、本日(14日)付けで認可の判断をした」と述べました。

 記者からは、政府が閣議決定した「4条件」を満たしていないことについて何度も質問が出ましたが、林文科相は「加計学園は特区の構想に沿っている」、「私どもとしては行政の手続きを踏んできただけ」と強弁し、獣医学部の設置認可までのプロセスについては、「関係法令に基づき、適切に行なわれてきた」として、批判をかわしました。

※疑惑山積の加計学園・獣医学部を林芳正文科相が「認可」判断! 国会審議は行われないまま、2018年4月開学へ~「4条件」を満たしていないとの指摘には「特区の構想に沿っている」と強弁!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/405241

 林文科相の認可判断を受け、野党側からは批判の声が上がっています。東京新聞の報道によると、立憲民主党の長妻昭代表代行は「撤回してきちんと説明をしてもらわないと困る」と強調。また、社民党の又市征治幹事長は記者会見で、「政治の私物化が問われている。直ちに衆参両院で委員会を開き、解明を図るべきだ」と述べました。

・加計獣医学部を認可 文科相 52年ぶり、来春開学(東京新聞、2017年11月14日)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201711/CK2017111402000244.html

 加計学園の認可をめぐっては、14日に衆議院文部科学委員会が開かれ審議されるはずでしたが、与党が野党の質問時間削減を要望していることに対し、野党が断固拒否していることで、委員会は延期に。このことについて、自民党の森山裕国会対策委員長は昨日の時点で、「引き続き野党側と協議し、あすには委員会を開けるよう努力する」と述べており、本日にも委員会が開催される可能性があります。

・自民 衆院文科委「加計学園」審議 あす開催へ 野党と協議(NHK、2017年11月14日)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171114/k10011222621000.html

■□■□■□■□■□■□■□■□
<★取材報告★>加計・獣医学部認可と同時に実施された「Jアラート全国一斉情報伝達訓練」〜野田聖子総務相「誤解がないようPR活動にいっそう努めていきたいと思う」記者会見でIWJが直撃!
■□■□■□■□■□■□■□■□

 IWJスタッフの大下由美と申します。

 昨日10時40分から行われた、野田聖子総務大臣の記者会見を取材してきました。

 11月14日は、加計学園獣医学部の新設について、「認可判断が下されるのでは」と注目されていましたが、総務省消防庁による「Jアラート全国一斉情報伝達訓練」が11時から行われる日でもありました。

 この訓練は、消防庁によると「人工衛星及び地上回線を用いて瞬時に緊急情報を伝達する全国瞬時警報システム(Jアラート)に関し、緊急時における住民への迅速かつ確実な情報伝達に資するよう、内閣官房、消防庁及び地方公共団体が連携して、全国一斉に情報伝達訓練を実施する」というもので、各自治体の防災行政無線から自動放送などが流れることになっていました。

 今年8月29日に、北朝鮮からミサイルが発射された際は、対象地域にJアラートが作動し、個人の携帯電話に緊急速報メールが届きましたが、今回の訓練は届きません。

 自動放送は、以下のような内容の設定だったそうですが、皆さまがお住いの地域の防災無線から聞こえてきましたでしょうか。

「上り4音チャイム + 『これは、Jアラートのテストです』×3回 + コールサイン(例:『こちらは○○市です』) + 下り4音チャイム」

 IWJの事務所では、聞こえてこなかったそうです。インターネットを見ると、「聞こえた」「聞こえない」とどちらの結果も見られ、もし「聞こえない」地域の方の場合、有事の時に本当に聞こえるのか、気になります。

 しかし、昨日の訓練は、事前にあまり広く知られていないようでした。IWJも、今回の訓練の情報はキャッチしていたものの、最初「全国一斉とは、今回が初めての試み」と思ってしまったほど。話題になっていたツイッターなどでは、「また携帯にメールがくる」と間違った情報が流れていました。

 しかし、訓練は2012年から9月、もしくは11月に毎年行われており、情報を伝達できなかった自治体は何団体か、関連機器に不具合が出たか、などの結果についても、消防庁HPで公開されています。

 「Jアラート」の言葉自体、「ユーキャン新語・流行語大賞2017」にノミネートされていることからもわかるように、広く国民の間で浸透してきたのは、北朝鮮のミサイル問題が大きく取りざたされた今年からです。夏に地方都市で行われていた北朝鮮ミサイル発射を想定した「Jアラート」の避難訓練は、北朝鮮への危機感を扇動する、政府によるパフォーマンスと批判もあり、IWJもその立場でした。今回の「Jアラート全国一斉情報伝達訓練」についても、批判的な意見が散見されましたが、毎年行われている訓練であるならば、無用な思い込みになります。

 野田総務相は、冒頭の発言で、「本日から『女性活躍』、『マイナンバーカードのいっそうの活用』、そして『地方創生』について、経済界に対して積極的に働きかける」と述べたものの、Jアラート訓練のことについてはふれませんでした。

 質疑応答では、女性活躍の働きかけや、テレワーク、ふるさと納税など多岐にわたっていましたが、Jアラートについては、まずフリーランス記者の上出義樹氏が、「Jアラートは北朝鮮危機をうまく煽ってしまう役割があるのではないか、と違和感を持つ方もいると思う。一方的に今回は放送するようだが、どういうふうに我々は関わればいいのか。共通認識ができてない段階で、このような訓練をやることについての意味を」と質問しました。

 野田総務相は、東日本大震災以降、相当数地震災害などでJアラートを発信したことを例にあげ、「専ら国民の生命財産をしっかり守るために、様々な問題がある中で、限定をせずにフラットで、ありとあらゆるものに対処できるようなJアラートであらねばならないと思っている」と述べました。

 IWJは、「Jアラート訓練の国民への周知について、課題があるように思われるがどう思うか」と野田大臣に質問。「システムがある以上訓練はしないと、いざという時に不具合があってはならないという備えのため」と前置きし、「周知徹底が足りていないのは、私たちもこれからしっかり啓発活動、誤解がないよう、国民1人1人が主体的にJアラートを必要としてくれるようなPR活動に、いっそう努めていきたいと思う」と、決意を新たにしました。

 野田聖子総務大臣記者会見の模様は、以下の記事で御覧になれます。

※毎年11月に実施される「Jアラート全国一斉情報伝達訓練」の情報をどれだけの国民が正確に把握していた!? IWJが国民への周知について野田聖子総務相に問題提起! 今後の啓発活動に意欲

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/405244

■□■□■□■□■□■□■□■□
<お知らせ>年末のイベントに関するお知らせとアンケート
■□■□■□■□■□■□■□■□

 いつもIWJをご支援いただきありがとうございます。

 本日は年末のイベントに関するお知らせとアンケートについてご案内します。

 今年こそは開催したいと思っていた「饗宴」ですが、8月から始まった第8期も厳しい財政状況が続き、マンパワー不足もあって、残念ながら、今年も「饗宴」の開催は見送らざるを得なくなりました。

 普段、IWJは人件費やマンパワーを絞り、無駄のないようにギリギリの状態にしているため、大きなイベントである「饗宴」を開催するための余剰がない状態です。そのため、「饗宴」を開催する場合、現状、エネルギーと収支がマイナスになってしまいます。

 昨年、「饗宴」の開催有無に関するアンケートを取らせていただいた際には、「饗宴」を開催してほしいという声が寄せられたため、今年もできないことを心苦しく思います。

 このたび、「饗宴」の代わりとして、昨年に続き、年末に「IWJ創立8周年ファンドレイジング・イベント」を開催することを決定しました。IWJにゆかりの深いゲストの方々をお招きし、日頃からIWJをお支えいただいている皆様とともにお食事を楽しみつつ、交流の場を持つことができればと考えています。

 昨年は、孫崎享氏(元外務省国際情報局長)、山田正彦氏(元農水相・元衆議院議員)、福島瑞穂氏(参議院議員)、山本太郎氏(参議院議員)、吉田敏浩氏(ジャーナリスト・『「日米合同委員会」の研究』著者)、望月衣塑子氏(東京新聞記者・『武器輸出と日本企業』著者)などを、ゲストとしてお招きいたしました!

「ファンドレイジング・イベント」は、参加費にみなさまからのご寄付分を上乗せした、少し高めのお金をいただく料金設定にさせていただこうと考えております。経費を差し引いた売り上げを、IWJの活動費にさせていただきます。

 IWJが設立してから8周年目となる年末イベントになります。「IWJを応援してもよいよ!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ご参加いただけますと大変嬉しく思います。日時や会場は、現在検討しているところです。決まり次第、随時、お知らせいたします。

 今年の「ファンドレイジング・イベント」について、みなさんへ、いくつかお聞きしたいことがございます。ぜひ、ご意見をお寄せいただきますようお願いいたします。

===========

「2017年ファンドレイジング・イベント」に関するアンケート

(アンケートのお返事はこちらのメールの末尾に記載するフォームよりお願いいたします。)

【1】当日の進行に関して。

当日の進行に関して、現在2種類の方法を検討しています。

(1案目)
昨年同様、ミニシンポジウムとその後のパーティーを分けて、2部構成にします。
第1部のミニシンポジウムには、数名のゲストの方々にお越しいただきます。パワポを使用して、シリアスなトークショーになります。終了後、第2部のパーティーを行います。

(2案目)
固くない雰囲気の中で行われる、交流会中心のパーティーにします。パワポを用いてのシンポジウム形式は取らず、ゲストの方々にマイクをまわしてフリートークしていただきます。こちらですと、1案目より多くの色々なゲストの方々にお声がけさせていただきます。

【2】お呼びするゲスト・聞きたいテーマについて
お呼びするゲストやテーマについてリクエストをお待ちしています。「この方のお話しを聞きたい!」、「このテーマについて聞きたい!」などございましたらお知らせください。

【3】参加のご意思について
IWJの活動費を集めるためのイベントになるため、金額は割高となりますが、8周年のイベントということもあり、お祝いに駆けつけて良いですよ!という方がいらっしゃいましたら、参加のご意思をお知らせいただけますと幸いです。会場の大きさの目安とさせていただきたく思います。実際にはまだ分からないと思いますが、お越しいただけるという方が一人でもいらっしゃいますことを望んでいます。

【4】会場・食事・時間帯について
現在、会場を検討しています。ある程度の大きさがあり、格安や無料で貸してくださる場所をご存知の方は、ぜひお知らせ願います!他にも、食事に関するご希望(軽食で良い、昨年と同様に1人前ずつあった方が良いなど)、また、時間帯についてもご希望を募ります。

会場については、IWJの会員さまより、イベント会場として使用できる場所についてお知らせいただきました。そちらの会場はお知り合いの方が所有されているということで、使用させていただく際には、会場費は持ってくださるという大変有り難いお言葉を頂戴しました。

ただ、残念ながらそちらの会場の人数制限がゲストやスタッフを含めて50名までとなっているため、正味のお客様は30~40名程度となり、やや狭いように思われます。もし、今回のイベントで使用することが難しい場合は、ぜひ、他のタイミングでお願いさせていただきたいと思っております!

ぜひ、このような会場をご存知の方はお知らせ願います!

※アンケートへのご返信はこちらよりお願いいたします↓

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScCiy99lhdNdwGkjBuDbxOuRHyacuFbu9l90LrzYe9llUuC0w/viewform?usp=sf_link

 それでは本日も一日、どうぞよろしくお願いいたします!

※日刊IWJガイドのフルバージョンは下記URLより御覧ください。

http://iwj.co.jp/wj/member.old/nikkan-20171115

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/


Comments are closed.