片山総務大臣会見 (フリーランス記者の動画撮影についての質問) 2011.1.11

記事公開日:2011.1.11取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月7日に畠山理仁氏が二度目の総務大臣会見Ustream中継した翌日、総務省記者クラブより畠山氏に、クラブ総会の結果を1月11日の朝、総務省記者クラブ内掲示板に貼り出される予定との連絡がありました。

 11日、岩上安身は総務大臣会見の前に、総務省記者クラブの掲示板で、どのような結果になったのか確認しました。

 また、総務大臣の会見終了後、フリーランスの記者は松田浩樹広報室長へ申し入れを行いました。その模様を撮影した動画も後段に掲載しています。

■総務省記者クラブ掲示板前の動画(会員のみ)

■片山総務大臣会見

総務大臣会見におけるフリーランス記者の質問の概要

0.19.46~ 畠山理仁氏の質問
OECD、EUは毎年日本の記者クラブの閉鎖性を非難する決議をして、相互主義による開放を求めている。明日から外遊に行かれる片山大臣は、各国の大臣から日本の記者クラブについて問われたらどのように答えるのか。

0.20.35~ 岩上安身の質問
2010年2月19日、岩上安身は原口大臣に個人の動画撮影について質問している。その時原口大臣クラブ側と話し合ってくれという回答だったが、クラブ側は長い間話し合いに応じてくれない。片山大臣がイニシアチブを発揮することはないか。

0.29.56~ 田中龍作氏の質問
昨年、オブザーバー資格で参加したフリーランス記者が質問をした時、記者クラブの幹事社の記者が、フリーランス記者の頭をつかみ暴言をはく事件があった。大臣はどのように思われるのか。

0.34.24 寺澤有氏の質問
情報公開法に関連する質問。他に、片山大臣は、無編集の会見が中継されて困ることはあるのか。

0.40.00~ 岩上安身の質問
市民誰でもが参加できる、オープンな会見を開くつもりはないか。

■総務相記者会見後の松田浩樹広報室長への意見具申(畠山理仁氏撮影)

総務省会見関連動画

  • 片山善博総務大臣記者会見 ~畠山理仁氏撮影動画~ 2011.1.5
    2011年1月5日 フリーランスライターの畠山理仁氏が個人のフリーランスには認められていない動画撮影を行い、インターネットで中継しました。記者クラブが決めた「ルール」を破るインターネット配信です。
  • 片山総務大臣会見 畠山理仁氏撮影動画 2011.1.7
    畠山氏は、1月5日に総務省会見をUstream配信したのに続き、1月7日の会見で、再び会見のインターネット生中継をされました。今回は事前通告の上、総務省記者クラブの「個人で会見に参加する者は動画撮影禁止」のルールに挑戦しています。
  • 岩上安身によるインタビュー 第81回 ゲスト フリーランスライター畠山理仁氏 2011.1.6
    2011年1月5日、片山総務大臣記者会見で、フリーランスライターの畠山理仁氏が許可されていない動画撮影とインターネット配信を行いました。現場で何が起きたのか、なぜ畠山氏はそんな行動をとったのか、大臣や記者クラブのリアクションはどうだったのか。IWJ(Independent Web Journal)の事務所でお話を伺いました。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です