国民新党定例議員総会記者会見 2011.2.9

記事公開日:2011.2.9取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2011年2月9日、国民新党定例議員総会が開かれました。撮影は、冒頭の挨拶と終了後の記者会見のみ許可されました。

 冒頭の挨拶で亀井静香国民新党代表は、予算・郵政改革法案・労働者派遣法を今国会を通す決意を述べました。新党日本の田中康夫代表は、人間の心の機微がわからない市場原理主義ではなく、人間とともに生きる市場(いちば)人間主義を実現することが本来の政権交代の意義であったので、その原点を確認する必要があると挨拶しました。

 後半の記者会見では、政党政治に対する国民の信頼が失われている中での菅改造内閣についての亀井代表の所感、田中代表の社会保障と税の一体改革論と日本の現状に対する考えをはじめとして、菅内閣と政治哲学などについて、個性的な語り口で質問に記者の質問に答えています。

 ※動画のご視聴は会員限定となります。

ws000111

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です