合理的な神秘主義とはなにか ~安冨歩先生の授業 2013.4.18

記事公開日:2013.4.18取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 『原発危機と「東大話法」』の東京大学東洋文化研究所教授・安冨歩氏(経済学博士)が、いつでも講義を受けられるようにと始めたインターネット授業シリーズ。

 2013年4月18日(木)に行われた講義の前半では、著書『経済学の船出』『合理的な神秘主義』をベースに、経済という概念とは何か、アダム・スミスからマルクス、現在まで-生きる-ということを根本に置きながら経済学を説明。

 後半は、ゲストに神奈川県平塚市議会議員・江口友子氏を迎えての対談。

 2011年から乳がんで闘病の江口氏が、がんと診断された時にこれでやっと休めると思ったという。

なぜがんになるのか、という疑問を軸に生活習慣、生き方について語り合った。

■講義

■対談

  • ゲスト 江口友子 神奈川県平塚市市議会議員
  • 日時 2013年4月18日(木)
  • 場所 東京大学東洋文化研究所(東京都文京区)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

「合理的な神秘主義とはなにか ~安冨歩先生の授業」への1件のフィードバック

  1. @penguin266さん(ツイッターのご意見より) より:

    こちらもやっと視聴。
    こつこつと、勉強中・・・。

@penguin266さん(ツイッターのご意見より) にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です