【第63号】 岩上安身のIWJ特報!―自民党の憲法改正草案は立憲主義に反している 澤藤統一郎弁護士、梓澤和幸弁護士インタビュー 2012.12.28

記事公開日:2012.12.28 テキスト独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月26日、衆参両院で自民党の安倍晋三総裁が首班指名され、安倍内閣が正式に発足した。2%のインフレターゲットを掲げた大幅な金融緩和、10年間で200兆円の公共投資を行なうという国土強靭化計画など、デフレ脱却に向けた経済政策、いわゆる「アベノミクス」が注目を集めている。しかし、前号でもお伝えしたように、安倍政権の真の狙いは、間違いなく憲法改正である。

 安倍政権は、来年の参院選までは、憲法、外交安全保障、歴史認識といった、イデオロギー的な方面で本音を出すこと無く、経済政策に集中する心づもりのようだ。そして、参院選でも勝利し、衆参両院で3分の2の議席を獲得した暁には、一気に憲法改正に持ち込もうという腹なのである。有権者は、憲法改正の意図が、安倍政権の中に常に内蔵されていることを、知らなければならない。

 IWJでは、衆院選の投開票を前にした12月12日、自民党の憲法改正草案がはらむ問題点について、NPJの澤藤統一郎弁護士と梓澤和幸弁護士にお話をうかがっていた。

 なお、この日私は、急性のウイルス性腸炎を患ってしまい、予定していたインタビューと、毎週レギュラー出演しているMXテレビ「ニッポン・ダンディ」を欠席することになってしまった。本来ならば延期をするところであるが、事態の緊急性に鑑み、代役として、IWJの平山茂樹記者にインタビュアーを務めてもらった。今回お届けするのは、そのインタビューの模様である。

 本日12月28日(金)、澤藤弁護士と梓澤弁護士に、私が再度インタビューを行なう。14時半からCh1で → http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=1 是非、多くの方にご覧いただきたい。

(続く)

 現在、過去全てのメルマガ「IWJ特報!」をサポート会員向けに公開しています。また、最新号をご覧になりたい方は、まぐまぐとニコニコのブロマガで購読することができます。

記事目次

  • 日本国憲法は、死者の記憶の結晶である
  • 国防軍と集団的自衛権
  • 緊急事態の宣言
  • 憲法改正は百害あって一理なし

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です