日本外国特派員協会主催 菅野典雄飯舘村長 記者会見 2013.3.6

記事公開日:2013.3.6取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・佐々/澤邉)

 2013年3月6日(水)12時から、東京都千代田区の日本外国特派員協会で菅野典雄・福島県飯舘村村長の記者会見が開かれた。菅野氏は、原発事故以来の独自の村運営を説明し、「主眼は村民の健康と生活の両面を守ることだ」と語った。賠償問題では東電に対して、またWHOの報告書に関する報道に対して、憤りを見せた。

■ハイライト

 飯舘村は、福島第一原発から40~50キロメートル離れているにもかかわらず、年間積算放射線量が20ミリシーベルトを超える危険があるとして、「計画的避難区域」に指定された。村民6000人全員に避難命令が出た時、村長が考えたのは、「早く避難しなければということと、村民の生活を支えなければということのバランスだった」という。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です