東電会見 記者会見 20:30 2011.3.18

記事公開日:2011.3.18取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年3月18日(金)、東京電力本社で、記者会見(20:30~)が行われた。 主な質問内容は、建屋内での水ジルコニウム反応による水素残留による爆発の危険性と時系列的な状況および爆発回避のための方策について、

 建屋内での水ジルコニウム反応による水素残留による爆発の危険性と時系列的な状況および爆発回避のための方策について、炉の温度が低下しない現況から亀裂等からの漏出があるという状況、また炉内の圧力低下に伴う格納容器側への漏出の懸念について、冷却に向けたポンプ使用に関してはRHR(残留熱除去系ポンプ)や原子炉建屋内のポンプ、タービン建屋の補機冷却系などの稼働の可否と津波による冠水被害の状況について相次ぎ、更には今現在の社長を始めとする執行部の動向に関しても問われた。

なお、記録映像は、会見90分の最後の20分程度のみである。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です