【寄稿・前編】IWJ京都中継市民・北野ゆりの今治市議会レポート!全国的に加計学園問題が注目を集める中、当地では「どこ吹く風」!? 2017.9.6

記事公開日:2017.11.17取材地: テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(北野ゆり)

 IWJ中継市民@京都の北野です。私はこの夏、左手首の舟状骨(親指の付け根あたり)にひびが入るという事実上の骨折で、暑苦しいギプスの装着を強いられていました。

 9月6日から始まる今治市議会を取材するため、その日までにギプスが取れるのであれば、今治行きをお願いしたいと岩上さんから頼まれましたが、主治医からは、とても間に合わないという診断が下されました。

 危なっかしいギプス姿で路上を闊歩する事は難しい、けれども市議会の中継のようなものであれば可能じゃないだろうか。

 「ギプスでも行けます」―― 意を決しての今治行き志願は、京都で何もできない、ただ指をくわえて見守ることしかできない自身を奮い立たせる機会にもなりました。

 この場をお借りして感謝の気持ちと共に伝えさせて下さい。IWJ代表、機材を周到に準備してくださったスタッフ、ハドル班の方々に、そしてIWJサポーターの皆様、ありがとうございます!

今治市議会が開会!全国的に加計学園問題が注目を集める中、当地では「どこ吹く風」!?

 9月6日(月)に始まる今治市議会に向け、前日の5日に今治に入りました。中継の許可が下りたのは、6日、8日、11日の本会議のみでした。そして、6日午前の本会議の後、午後から早速、加計獣医学部誘致に関わる国家戦略特区特別委員会が開かれるという日程でした。

 その委員会には、加計学園の渡邉良人法人本部事務局長、岡山理科大学の獣医学部長に就任する予定の吉川泰弘千葉科学大学教授、岡山理科大学の柳沢康信学長の3名が、説明のために出席することが直前にわかりました。委員会の中継はかなわないのですが、傍聴の抽選には参加することに決めました。

 9月6日、加計学園の獣医学部新設問題が取りざたされてから、初めて加計学園幹部3人が公の場に姿を現すということで、午前9時前には、今治市役所には多くのマスコミが集まり始めました。今治市始まって以来の騒動だと話す方もいました。

 9時半に議場が開かれると、私もテレビ局の大きなカメラと一緒に議場へ入り、傍聴席に横一列に三脚を構えました。

▲今治市議会議場

 冒頭、今治市の菅良二市長は次のように話をされました。

 「来春には、多くの志あふれる若者たちがこの今治に来ていただけることを楽しみにしております。

 本市ではこれまで、港再生事業の事業費見直しやゴミ処理施設の集約化の他、職員の大幅な削減、公の施設の見直し等、様々な行政改革に取り組んできた中で、高等教育用地を確保し、その用地の起債償還を終えるなど、学園都市構想の実現のために備えてまいりました。さらに、市民生活に影響を及ぼさないよう、負担を将来に先送りしないように基金を積み立てて参りました。

 四国初の獣医学部設置に対する支援を、四国で動物感染症が発生した際には危機管理の対応拠点を担える、一流の設備とスタッフを備え国際水準の獣医学研究を追求してもらいたい。そうした思いを結集して支援を決意したものであります。

 10年後20年後には、多くの若者がこの今治に集まり、街中に賑わいが創出される事によって、大学の定着による経済波及を最大限享受できるよう、ひいては地域経済の活性化や人口減少の抑制、若者の地元定着につながるよう全力を尽くしてまいります」

 国政では、野党各党が臨時国会の開催を求め、閉会中審査で安倍総理大臣が追及される事態となっていましたが、当地では市長を筆頭に、市役所全体が疑いを持たず獣医学部新設に希望を語っておられることに当惑しました。

 安倍総理は9月28日、「国難突破解散」と銘打って衆議院を解散しましたが、一体何が国難突破なのか、「加計隠し解散」ではないかと強く批判されていました。

 それにもかかわらず、現地・今治では全く「どこ吹く風」だという気配でした。10月末に予定されていると言われていた、文科省設置審での岡山理科獣医学部の設置認可についても、微塵の疑いもないようでした。

 加計学園の獣医学部については、建設費用の坪単価の水増し疑惑も指摘されており、今治市は、獣医学部建設費用の半分にあたる96億円を負担することになっています。こうした経緯もあり、今回の市議会は紛糾を免れないだろうと予想していましたが、まさに肩透かしにあったような感じです。会議の模様などはこちらからご覧いただけます。

市議会の特別委員会に加計学園の関係者3名が出席!委員会室は施錠、質疑後3名は「加計逃がし隊」に守られ逃走!

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

「【寄稿・前編】IWJ京都中継市民・北野ゆりの今治市議会レポート!全国的に加計学園問題が注目を集める中、当地では「どこ吹く風」!?」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    【寄稿・前編】IWJ京都中継市民・北野ゆりの今治市議会レポート!全国的に加計学園問題が注目を集める中、当地では「どこ吹く風」!? http://iwj.co.jp/wj/open/archives/405583 … @iwakamiyasumi
    情けないが、現地住民の多数は無関心なのだ。日本人は大きなものの不正には目をつむるように去勢されてしまったのだろうか。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/931285879506604032

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です