第5回 大阪府災害廃棄物の処理指針に係る検討会議 2011.12.7

記事公開日:2011.12.7取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年12月7日(水)大阪府咲洲庁舎30F会議室で行われた、第5回大阪府災害廃棄物の処理指針に係る検討会議の模様。

111217_21605_01

  • 日時 2011年12月7日(水)
  • 場所 大阪府咲洲庁舎(大阪市住之江区)

 東日本大震災により発生した災害廃棄物の処理について、全国各地で受け入れの是非が議論されている。大阪府においても検討会議を設置し、専門家を交えて処理に伴う放射性物質の人体や環境への影響について、対処のあり方を検討している。

 この会議は府民の傍聴が認められ、府民からの反対意見が議題に取り上げられている一方、傍聴席からの発言や質問は認められておらず、事実上受け入れを前提とした議論が進められている。

 会議は2時間程度予定されていたが、傍聴席の府民からの発言が相次ぎ、円滑な議事進行ができないとして1時間足らずで打ち切りとなった。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です