第41回「日本の司法を正す会」~暴力団から依頼された案件を弁護することについて 2011.12.22

記事公開日:2011.12.22取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2011年12月22日(木)に行われた、第41回「日本の司法を正す会」の模様。

■ハイライト

  • 日時 2011年12月22日(木)
  • 場所 村上正邦事務所(東京都千代田区)

 まず、暴力団から依頼された案件を弁護することについて、青木氏から川村弁護士に質問がなされた。

 川村氏は「暴力団からの依頼を弁護士が受けられるかどうかという点については、日弁連の中で相当議論されている。民事介入暴力対策特別委員会(民暴)は条例で言うところの事業者に弁護士があたらない理由はなく、暴力団の勢力拡張に繋がる案件ならば受けられないとの考えを示している。

 最近の風潮からして、各弁護士会が、依頼を受けるべきではないとのお触れを各会員に出すのではないか」と答え、少なくとも民事訴訟の分野では、「暴力団が組織として、あるいは個人として訴えを起こされたとき、弁護士がつかなくなる可能性がある」ことを否定しなかった。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です