記事一覧(公開日時順)

辺野古土砂投入許さない12.14辺野古浜集会 2018.12.14

記事公開日:2018.12.14取材地: 動画

特集 辺野古

 沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設を巡り、2018年12月14日(金)午前、海上等での抗議が続く中、埋め立て区域に初めて土砂が投入された。13時からは隣接する辺野古・松田ヌ浜でオール沖縄会議による抗議集会が開かれ、およそ1000人(主催者発表)が抗議の声をあげた。


参議院会派「沖縄の風」の官邸前抗議!辺野古へ土砂投入するな!カミソリ刃を市民に向ける日米両政府を糾弾!~12.12 IWJ記者が伊波洋一参議院議員と法政大学大学院の高須裕彦氏に直撃取材! 2018.12.12

記事公開日:2018.12.13取材地: テキスト動画

特集 辺野古
※2018年12月16日(日)まで特別公開いたします!

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、キャンプ・シュワブ沖に停泊していた運搬船から台船に土砂を移し替える作業が、12日午前に確認された。

 政府は14日の土砂投入を予定しており、今後は台船がK9護岸に接岸して、ダンプトラックで陸揚げする見通し、と沖縄タイムスは報じた。石材や土砂の陸上輸送が進んでいないため、沖縄防衛局は陸揚げという手段をとったと考えられる。


「この土砂投入が『もう後戻りできない』という状況になるとは、決して思っておりません」玉城デニー沖縄県知事が岩屋毅防衛大臣との平行線の面談にも前向きな決意表明 2018.12.13

記事公開日:2018.12.13取材地: テキスト動画

特集 辺野古
※2018年12月16日(日)まで特別公開いたします!

 政府は沖縄県名護市の米軍辺野古新基地建設をめぐり、2018年12月14日に埋め立て予定地の沿岸部へ土砂投入を行うと沖縄県に通告している。沖縄県は防衛省沖縄防衛局に対し、県が埋め立て承認の条件とした事前協議の内容が守られていないとして、違法工事を中断するよう、12月12日に文書で行政指導を行ったが、法的拘束力がないため、国側は強引に土砂投入を進める予定だ。


原子力ムラの逆襲が始まった!? 原子力損害賠償法改正案が今国会成立!賠償額は福島事故以前の1200億円に据え置き! 他方、米国主導の国際原子力ムラ「NICE Future」に日本が事務局として参加! IWJは古賀茂明氏と海渡雄一弁護士に緊急直撃取材! 2018.12.13

記事公開日:2018.12.13 テキスト

 この秋に始まった臨時国会では、入管法や水道法の議論の陰で、原発社会体制の復活の布石とも取れる原子力損害賠償法改正案が、11月21日、衆議院文部科学委員会で可決した。

 翌22日には衆議院本会議で賛成多数で可決し、26日に参議院文教科学委員会に付託され、12月4日に水道法改正案と同様可決されてしまい、翌5日の本会議で成立した。


原発の未来は暗い!それがわかっていながら原発にしがみつく理由はただ一つ!核能力の保持!原子力ムラのリーディング・パーソン、田中伸男氏のリアルと狂気! 2018.12.13

記事公開日:2018.12.13 テキスト

 経済産業省資源エネルギー庁の武田伸二郎原子力国際協力推進室長は2018年11月14日、省内で開かれた非公開の国際会議の場で、小型原発の開発を進め、2040年ごろをめどに実用化を目指すことを表明した。

 従来の原発が出力100万キロワットを越すのに対し、小型原発は3分の1未満の出力で、モジュールを工場で製造し、現地で組み立てを行うため建設費が安く、工期も短くなる。


ジャーナリストと考える県民投票セミナー ~1800件の住民投票を参考に~ 講師:今井一氏(ジャーナリスト) 2018.12.12

記事公開日:2018.12.12取材地: 動画

 2018年12月12日(水)19時より沖縄県中頭郡の琉球大学共通教育棟2号館にて、ジャーナリストと考える県民投票セミナー ~1800件の住民投票を参考に~が開かれ、ジャーナリスト今井一氏が講演をした。


現在、会員限定のインタビュー配信・再配信の予定はありません。

記事公開日:2018.12.12

 現在、会員限定のインタビュー配信・再配信の予定はありません。
 配信が決まり次第、こちらのページで会員限定配信をご視聴いただけるように更新します。(YouTube Playerも表示されます)。しばらくお待ちください。


パリは燃えているか!?(2)富裕税復活はフランスの国力を弱体化させる!? 最低賃金の増額や低年金生活者への増税中止の約束で仏国民の怒りは収まるのか!? IWJはマクロン大統領が演説で発表した重要政策を独自に仮訳! 2018.12.11

記事公開日:2018.12.11 テキスト

 燃料税増税への反対をきっかけに、フランスで2018年11月17日以来、4週にわたり週末ごとに大規模なデモが続いている。デモの参加者の中心は、地方に住む労働者階級で、フランスのドライバーが車の故障の際、安全のために着用を義務づけられている黄色い蛍光素材のベストを着て抗議を行うことから、「黄色いベスト運動」と呼ばれている。


パリは燃えているか!?(1)パリ在住IWJ会員からの現地レポート! 「黄色いベスト運動」はマクロン大統領退陣まで続くのか!? 「抗議しなければ、僕たちはいつまでも羊のままじゃないか!」 2018.12.10

記事公開日:2018.12.10 テキスト

※2018年12月11日、画像・目次を追加しました。

 フランスで2018年11月17日、エマニュエル・マクロン政権による燃料税増税に反対し、大規模なデモが勃発した。

 デモの参加者の中心は、地方に住む労働者階級で、フランスのドライバーが車の故障の際、安全のために着用を義務づけられている黄色い蛍光素材のベストを着て抗議を行うことから、「黄色いベスト運動」と呼ばれている。


訴権濫用による違法なスラップ訴訟に対し、岩上安身が300万円の損害賠償を橋下氏に求め反訴を提起! 第三回口頭弁論で、坂仁根弁護士がおこなった弁論要旨 2018.12.8

記事公開日:2018.12.8 テキスト

 2018年8月23日午前11時より、大阪地裁第1010号法廷にて、橋下徹氏によるIWJ岩上安身へのスラップ訴訟「平成30年(ワ)1593号 損害賠償請求事件」の、第三回口頭弁論がおこなわれた。なお、この日に先立つ8月13日には、岩上安身が反訴原告となって橋下徹氏に対し、損害賠償を求める反訴「平成30年(ワ)第7160号 損害賠償請求反訴事件」を提起している。


第191回 脱原発盛岡金曜デモ 2018.12.7

記事公開日:2018.12.7取材地: 動画

 2018年12月7日(金)18時半より、岩手県盛岡市で第191回「脱原発盛岡金曜デモ」が東北電力盛岡支店前を通るコースで行われた。29人が参加した。


映画「ほたるの川のまもりびと」トークイベント@京都 ~トーク:前滋賀県知事・嘉田由紀子氏、山田英治監督 2018.12.6

記事公開日:2018.12.6取材地: 動画

 12月15日より京都シネマにて公開が始まる、長崎県の石木ダム建設計画に抗う住民たちを描いた映画「ほたるの川のまもりびと」。この公開に先駆けて開催されたトークイベントを中継。登壇者の前滋賀県知事・嘉田由紀子氏、山田英治監督が映画の見どころや新たなダムの問題について語った。


【お詫びと報告】「不可逆的な容態」を引き起こす可能性も!新たな診断書が交付された岩上さんは、橋下徹氏によるスラップ訴訟の第五回口頭弁論に出廷できません。早期復帰に向け自宅療養に専念します! 2018.12.6

記事公開日:2018.12.6 テキスト

 10月30日に冠攣縮性狭心症の発作に見舞われた岩上さんは、主治医から自宅安静と診断されました。11月に予定されていたインタビューも、先生方に事情を説明してその多くを延期するなど、ほとんどの仕事をキャンセルして、現在は自宅療養に徹しています。


水曜金山街宣 スイカナ 2018.12.5

記事公開日:2018.12.5取材地: 動画

 2018年12月5日(水)18時より愛知県名古屋市の総合金山駅南口にて、毎週水曜日に行われている水曜金山街宣 スイカナが行われ、水道民営化、入管法、沖縄基地問題、軍事費、増税などについて街宣した。


「琉球人遺骨の島への帰還を求めて提訴します!」報告集会 ―内容:松島泰勝氏(龍谷大学教授、本訴訟原告)による基調報告 ほか 2018.12.4

記事公開日:2018.12.4取材地: 動画

 1928~29年に沖縄県で行われた京都大学による発掘調査において、持ち出された遺骨は現在も返還されていない。2018年12月4日、琉球遺骨返還請求訴訟原告団が遺骨の返還を求めて京都大学を提訴し、同日18時半より、提訴に至る経緯とその意義を広く共有するための報告集会が行われた。


大都市の水道は売り飛ばされ、過疎地は切り捨てられる!? 水道法改正案が参院厚労働委員会で可決!IWJは福島みずほ参院議員に直撃取材!「すさまじい利益相反、立法理由が歪みきっている!」 2018.12.4

記事公開日:2018.12.4取材地: 動画

 2018年12月4日(火)18時10分頃より、東京都千代田区の福島瑞穂事務所にて、参議院厚生労働委員会で採決された水道法改正案について利益相反問題などを鋭く追及した福島みずほ参院議員にIWJ記者が直撃取材を行なった。


川根眞也氏 講演会「福島産を食べないのは本当に差別ですか? ~自然放射能と人工放射能~」&福島と全国の集い「報道されない避難者と人権」(日進市) 2018.11.23

記事公開日:2018.12.3取材地: 動画

 2018年11月23日(金・祝)14時より、愛知県日進市の日進市民会館にて、内部被ばくを考える市民研究会代表の川根眞也氏を講師に招き、「福島産を食べないのは本当に差別ですか? 〜自然放射能と人工放射能〜」と題する講演会と福島原発事故損害賠償訴訟愛知・岐阜の原告による報告「福島と全国の集い『報道されない避難者と人権』」が行われた。主催は、脱被ばく実現ネット日進。


最重要ポイントは「ブローカー規制」!! ~11.28日本外国特派員協会主催 「外国人労働者受入れ問題について」 ―外国人技能実習生問題弁護士連絡会 共同代表・指宿昭一弁護士 記者会見 2018.11.28

記事公開日:2018.12.3取材地: テキスト動画

 2018年11月29日(水)に、日本外国特派員協会(FCCJ)で、「外国人労働者受入れ問題について」外国人技能実習生問題弁護士連絡会 共同代表・指宿昭一弁護士 記者会見が、カンボジア人技能実習生と中国人技能実習生が同席して行われた。


請願文書を提出し条例で守ろう!外資に売り渡すな!水道法・種子法・カジノ法など「自治体の判断に委ねられるものは沢山ある」~11.29立憲民主党 枝野幸男代表 定例会見 2018.11.29

記事公開日:2018.12.3取材地: テキスト動画

 2018年11月29日(木)に、東京・衆議院本館で立憲民主党 枝野幸男代表 定例会見が行われた。

 冒頭に枝野代表は、「入管法、漁業法、日欧EPA、いずれも国会の審議はいらないと、議会の機能・役割をまったく理解しないという議会の自殺行為を、与党の国対が繰り返していることに、大変危惧している」


「ちょっと踏み込んでいいですか」自由党・森裕子幹事長が「野党共闘」による一本化の議論へ踏み出すことを提案!5野党1会派の幹事長・書記局長が一堂に会した~11.28市民連合シンポジウム「安倍政権にかわる新しい選択肢」 2018.11.28

記事公開日:2018.12.3取材地: テキスト動画

 2018年11月28日(水)東京都北区の北とぴあで市民連合シンポジウム「安倍政権にかわる新しい選択肢」が行われた。

 法政大学教授・山口二郎氏らのコーディネーターのもと、福山哲郎幹事長(立憲民主党)、平野博文幹事長(国民民主党)、小池晃書記局長(日本共産党)、吉川元幹事長(社会民主党)、森裕子幹事長(自由党)、大串博志幹事長(無所属の会)が登壇し、「野党は臨時国会にどう向き合うのか」と「野党と市民で参院選をどう闘うのか」をテーマに議論を交わした。